FX自動売買における損切りについて解説!損切りを自動でしてくれるEAとは?

  • FX自動売買だと損切りは自動でしてくれるの?
  • 損切りができるFX自動売買が知りたい!

この記事を最後までご覧頂くことで上記のような疑問を解決することが出来ます。

FX取引をする上で損切りはとても大切です。

損切りは含み損をそのまま受け入れることを意味します。

放置しておけば含み益になる可能性もあり、「損切りを極力行いたくない」と考える方もいるでしょう。

しかし損切りは、FXに限らず投資には欠かせないものです。

この記事では、FXにおける損切りの重要性を解説した上で、FX自動売買運用における損切りについても解説致します。

また、FX自動売買ソフトには、損切りを自動で出来るものと出来ないものがありますので、その種類についても触れております。

そして、実際に損切り決済機能を実装しているFX自動売買ソフトの一例もご紹介しております。

FX自動売買ツールクロスシステムバナー

FXにおける損切りの重要性

FXにおける損切りの重要性

まずは、何故損切りが大切なのかを知っておきましょう。

FX取引において含み損が大きくなり過ぎた場合、ロスカットが発動し、強制的に損切りさせられます。

強制ロスカットの基準は業者によって様々です。

しかし、どんな業者の場合においても執行された時点で含み損を認めることになり、大きな損失を生むこととなります。

そうなる前の対策として、「損切り」が必要となります。

損切りの基準は個人の裁量によって大きく異なりますが、狙っている利益よりも少なくするのが有効的です。

そうすることで、勝率50%以下でも利益を出せる見込みがある為、少しの負けならすぐに取り戻すことが可能です。

反対に損切りの方が大きい場合、50%以上の勝率が求められ、より難易度が増します。

FX自動売買運用中における損切りについて

FX自動売買運用中における損切りについて

損切り決済機能を実装したFX自動売買ソフトを使う場合、そのEAに格納されているストラテジーに基づいて損切りのストップロスオーダーが自動的に発動します。

その為、そういった自動売買であれば、損切りによる損失が大きくなることはありません。

主に損切りができる自動売買ソフトですが、主にストラテジー型選択型システムトレードに多いです。

テクニカル分析に基づき、売買タイミングを決定するタイプのEAであれば、そのほとんどに含み損を決済する機能が実装されています。

対して、リピート系の自動売買ソフトの場合、損切り決済機能を実装していないパターンが多いです。

損切りが出来るFX自動売買ソフト一覧

損切りが出来るFX自動売買ソフト一覧

損切り決済機能を実装したFX自動売買ソフトの一例をご紹介致します。

次のような選択型システムトレードの場合、自動での損切りが可能です。

  • 全てのミラートレーダー型FX自動売買
  • ひまわり証券のエコトレFX(ループイフダンは除く)
  • アイネット証券のシストレI-NET(ループイフダンは除く)
  • インヴァスト証券のトライオートFX
  • 岡三オンラインのアルゴトレード365

FX自動売買における損切りのまとめ

この記事では、FX自動売買における損切りについて以下のポイントを解説致しました。


  • FXにおける損切りの重要性
  • FX自動売買運用中における損切りについて
  • 損切りが出来るFX自動売買ソフト一覧

FX自動売買を始めて間もない方、これから始めようとされている方などは、損切りを自身の裁量で行うのは難しいかと思います。

損失を極力減らす為にも、慣れるまでは、損切り決済機能を実装したFX自動売買ソフトを使用する等しましょう。

↓↓おすすめEA『MINAMO』の情報公開中↓↓


FX自動売買における損切りについて解説!損切りを自動でしてくれるEAとは?
最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG