NDD方式DD方式とは?

NDD方式DD方式とは?

この記事では、FX会社を選択する際に役立ちます。

FX会社が採用する注文形式(NDD方式/DD方式)の理解を深める事で、次のような点に関して理解を深める事が可能です。

  • どのFX会社が良いのか?
  • どこの会社が稼ぎやすいのか?

NDD方式とDD方式の違い

FX会社が採用している注文処理方式にNDD方式とDD方式というものがあります。

一般的に海外FX会社ではNDD方式を採用しており、国内FX会社では、DD方式を採用しております。

なお、NDD方式とDD方式の違いは、トレーダーがFX会社を介して取引をするか否かという点です。

  • NDD方式:トレーダーがFX会社を介さずインターバンク市場の金融機関と直接取引する事
  • DD方式:トレーダーがFX会社を介してインターバンク市場の金融機関と間接取引する事

NDD方式

NDD方式とは、None Dealing Desk(ノン・ディーリング・デスク)の略語です。

また、NDD方式は、インターバンク直結方式とも呼ばれています。

そして、NDD方式は、インターバンク市場の金融機関と直接取引することを指します。

NDD方式では、トレーダーが注文した場合、自動的にインターバンク市場に送信されます。

海外FX会社の多くがこのNDD方式を採用しており、トレーダーは、FX会社を介さず、インターバンク市場の金融機関と直接取引をする事が出来る為、複数の金融機関が提示するレートの中からトレーダーにとって最も有利になるレートにて取引することが可能です。

トレーダーとFX会社の間に利益相反関係が発生せず、透明性が高い為、より好ましい関係と言えます。

FX会社によるレート操作等が起こることがない為、FX会社による不正行為が気になる方におすすめです。

関連記事

この記事では、多くの海外FX会社で採用されている「NDD方式」について、初心者にも分かりやすく解説致します。 NDD方式は、国内FXで主に採用されているDD方式と比較すると、透明性と公平性の高い約定方式だと言われています。 ND[…]

NDD方式とは?

DD方式

DD方式とは、Dealing Desk(ディーリング・デスク)の略語です。

また、DD方式は、OTC取引(相対取引)、MM方式(マーケットメーク方式)等とも呼ばれています。

そして、NDD方式では、FX会社が介入しないのに対し、DD方式では、トレーダーは、FX会社が介入しFX会社側と取引を行う注文処理方式となります。

FX会社が介入する為、利益相反の関係が発生し、透明性の低い為好ましくありません。

これは、トレーダーの注文に対して、介入するFX会社が決済している為です。

一般的に国内のFX会社により採用されている注文方式となり、トレーダーの注文は、直接インターバンク市場の金融機関とは繋げられず、FX会社が取引の成立を行います。

FX会社が介入している為、為替レートもスプレッド幅もFX会社側が自由に変更することが可能です。

例えば、DD方式を採用するFX会社にてトレーダーが取引している場合、FX会社がそのトレーダーに対して通貨を売買していることになります。

トレーダーが利益を出した場合、その損失はFX会社が負担する形となる為、それを避ける為にもFX会社は、価格レート等を自社の都合の良いように再提示したり等します。

この現象を「リクオート」と言います。

これが国内FX会社では勝ちにくいと言われている所以です。

DD方式では、スプレッド幅が狭いことが特徴的ですが、これは、FX会社とトレーダーが上述したように相対取引を行っている為です。

DD方式を採用するFX会社では、スプレッド幅が狭くともFX会社側に利益がでる構造になっている訳です。

関連記事

この記事では、海外FX初心者向けに、FX会社の注文処理方式の1つである「DD方式」について解説致します。 海外FX会社の多くは「NDD方式」を採用しており、DD方式は国内FX会社に多い注文方式です。 しかし、少数ではありますが、[…]

DD方式とは?