初心者必見!エントリーポイントの見極めるコツを徹底解説

エントリーする場所選び方のコツ、教えます。

FX初心者の方から多く上がる質問として『どこでエントリーしたらいいの?』と聞かれる事があります。

基本的には、自分が定めた条件全てにおいて合致したタイミングがエントリーポイントとなりますが、FX初心者の方はまだ決められたルールというものが存在せず、あやふやなポイントでエントリーしてしまう事も多くあります。

しかし、この問題はこの記事を見て頂ければ全て解決します。

この記事では、まだトレードルールが決まっていないFX初心者の方向けに、初心者でも判断がつきやすいエントリーポイントについて解説していきます。

少しでも有利に進めるために正確なエントリーポイントを見つける事は非常に重要ですので、この記事をみてしっかりマスターして下さい。

特に、短期取引では非常に重要なテクニックですので、是非覚えましょう。

はたけ
初めまして!はたけFXブログを運営しているはたけ(@hatakefxtrade)です。
今回は『エントリーポイント』についての解説記事です!
分からなくなった時に読み返せるよう、ブックマークしておくと便利です♪
  • 順張りする時のエントリーポイント
  • 逆張りする時のエントリーポイント

順張りの場合のエントリーポイント

順張りの場合のエントリーポイント解説|FX初心者向け解説記事

最もメジャーなトレードである順張りをする時のエントリーポイントの見つけ方を見ていきましょう。
ここでは

  • レンジブレイクの時
  • 押し目買い・戻り売りの時

について説明していきます。

レンジブレイク時のエントリーポイント解説

ではレンジブレイク時の具体的なエントリーポイントについて解説します。

レンジブレイクのエントリーポイントを探すには、レンジブレイクが発生するメカニズムについての理解も必要です。
(レンジブレイクの概要については『FX初心者におすすめ手法!レンジブレイクでトレンドを見極める』にて詳しく説明しています。)

まず、下の図をご覧ください。

レンジブレイク時の解説画像|初心者向け解説記事

上記の図では、レンジを抜けたタイミングで多くのトレーダーが抜けた方向(ショート)へエントリーするため、勢いよく下降トレンドが発生しています。これがレンジブレイクです。

このレンジブレイクのエントリーポイントの判断ですが、上記のチャートであればレンジを抜けたタイミングですぐエントリーすればかなりのpipsを稼ぐ事ができますが、実際のチャートでは先の相場は表示されていません。

画像のように終わった後から後付でエントリーポイントを解説するのは容易いですが、実際にはリアルタイムでブレイクしたタイミングに合わせてエントリーが必要です。

そこで提案したいのが、大きなローソク足で抜けた場合そのローソク足が確定したらエントリーする手法です。

レンジブレイク抜け時のロウソク足の画像|FX初心者向け解説記事

この方法を使えば、勢いが出てきたことを確認してからエントリーできます。すなわち、多数の損切りが見えてから入れるので、いわゆる「後出しジャンケン」のようなトレードができるのです。

このエントリー手法であれば、FX初心者の方でもエントリーポイント分かりやすいので、是非挑戦してみて下さい。

  • レンジ相場がブレイクした後はトレンド相場に転換する
  • レンジ相場の値幅と継続時間でブレイク時の大きさが分かる
  • レンジブレイクの「だまし」には注意が必要

押し目買い・戻り売りの時

レンジブレイクしてトレンドができた後のトレードである押し目買い・戻り売りの場合のエントリーポイントは、押し目・戻りを確認してから少しトレンド方向に動いたタイミングです。

ただ、それでも正確なエントリーポイントはわかりません。そこで提案したいのが、フィボナッチリトレースメントというインジケーターを利用した押し目買いと戻り売りです。

フィボナッチリトレースメントは、ここで跳ねたら見た目的に美しいと感じる人が多いだろうという理論のもと構築されています。

非論理的なので一見信頼性が無いように思われるかもしれませんが、実は多くのトレーダーが利用している有名なインジケーターなのです。

フィボナッチリトレースメントでトレンドの起点から頂点までラインを引くと、いくつかのラインが出てきます。そのラインに触れるとトレンド方向へ向かいやすいので、これを使うと勝率が上がるでしょう。

この場合は、23.6%付近で反転しています。

フィボナッチトレースメントの解説画像|FX初心者向け解説

逆張りの場合のエントリーポイント

逆張りの場合のエントリーポイント解説|FX初心者向け解説記事

一口に逆張りと言っても種類は様々です。具体的には、次の3つ全て逆張りと言えます。

①レンジの端から逆端までを狙うトレード
②トレンドの反転を狙って底から天井まで大きく稼ぐトレード
③トレンド中の一時的な戻しを狙うトレード

ここでは、最も一般的である①について説明します。

レンジの端から端まで狙う場合は、ストキャスティクスを使うのがおすすめです。

これは、買われ過ぎ、売られ過ぎを示すもので、チャートの下に付けるオシレータータイプのインジケーターです。

これを使えば、FX初心者でもレンジ相場の攻略ができるようになります。

まず、どこまでがレンジ相場なのかを明確にするために四角を引きましょう。

どこがレンジ相場かの解説画像|FX初心者向け解説記事

次に、ストキャスティクスを開いて下さい。

そして、ストキャスティクスのトレード条件(20%以下で買い、80%以上で売り)を満たし、なおかつレンジの端付近に達したらエントリーしましょう。

ストキャスティクスの解説画像|FX初心者向け解説記事

クロスシステムならFX知識0でも資産74倍に

FX初心者の方に是非おすすめしたいFXツールがあります。

それがFX界最強の長期投資型自動売買ツール「クロスシステム」です。

このクロスシステムは10年間というとてつもなく長い期間のバックテストの末、ようやく8月よりリリースが始まったFX自動売買ツールです。

実はこのシステム、稼ぐ人が続出しFX会社からレバレッジ規制を受けた「アンビションシステム」の開発者が開発したシステムで、リリース前からかなりの反響があったEAとなります。

月間エントリー回数13回、勝率93%というピンポイントエントリーで、10年間のバックテストの結果、資産を74倍まで膨らませるという驚きのデータを記録しました。

このクロスシステムのバックデータや、機能紹介などの詳細に関しては下記のバナーをクリック後、LINE@よりご紹介しています。

クロスシステムは当社独占販売です。

是非チェックしてみてください。

まとめ

エントリーポイントまとめ
いかがでしたか?
今回は

  • 順張りの場合のエントリーポイント
  • 逆張りの場合のエントリーポイント
  • まとめ

について説明しました。

トレード手法を見つけた後は、エントリーポイントを絞る作業が必要です。

テクニカル分析であればインジケーターを使ってより良い位置でエントリーしたり勝率を上げたりすることができるので、是非挑戦してみましょう。

【お受け取り方法】
1. 以下QRコード、もしくは「クロスシステムに関する情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージでクロスシステムの情報をゲット!
※PCから閲覧されている方は、お手持ちのスマホより以下QRをスキャンしてください。

クロスシステム専用LINE@

クロスシステム

 

最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG