ナンピンロジックのFX自動売買(EA)を使う時の注意事項とは?

  • ナンピンって何?
  • FXの自動売買でナンピンは危険って聞くけど本当?

この記事では、上記のようなお悩みが解決できる記事となっています。

FX自動売買(EA)にはナンピンというロジックを組み込んだものがあります。

このナンピンとは、予想と反した時のリスクヘッジをするためのロジックとなりますが、使い方や相場分析が苦手な方がやってしまうと、思わぬ損失を生んでしまう危険性もあります。

この記事ではナンピンについての正しい知識や使い方、考え方について詳しく解説していますので是非ご覧ください。

FX自動売買ツールクロスシステムバナー

FX自動売買でナンピンのロジックは有効か?

FX自動売買におけるナンピンとは?
ここでは、FX自動売買における「ナンピン」について詳しく解説したいと思います。

ナンピンとは?

ナンピンとは、FXトレードで予想と反した方向に値が動いてしまった場合のリスクヘッジとして使われている手法です。

具体的に解説すると、例えばドル円を100円で購入したが、98円まで値が下がってしまったとします。

この時、通常はこのポジションで利益を出すには、100円を超える必要があります。

しかし、98円に下がった時点で追加で買いポジションを入れる事で、100円のポジションと98円のポジションの2つを持つことになり、二つのポジションの平均価格を計算すると、99円となります。

本来100円以上にならないと利益になりませんが、98円の時点で買い増しをする事で、99円を超えた時点で利益がうまれるよう調整する事ができるのです。

これをナンピン手法といいます。

ナンピンが危険と言われる主な理由

一見リスクを抑えられるナンピンは有効な手法だと思いがちですが、それなりのデメリットも存在します。

FXのトレンド相場は、性質上、上がったら更に上がり、下がったら更に下がりやすい傾向があります。

例えばレートが上がった場合、売っていたトレーダーの含み損が多くなって損切りを選択しやすくなり、その損切りはさらなる価格の上昇の圧力となるのです。

しかも、その上昇によって損切りしていない売りトレーダーは更に大きな含み損を抱えることになり、やがて損切する事でさらなる価格の上昇の圧力となるのです。

これらの要因によりトレンドの勢いが増し、更にレートが上昇していくので、ナンピンなどしようものなら大打撃を受けてしまうのが可能性があります。

ナンピンは強力な手法としても期待できる

とはいえ、上がり過ぎた相場は下がるのが常です。

品物でも何でもそうですが、安くなれば買う人が出てきて高くなれば売る人が現れます。

しかも、上手くいけば相場の底から天井まで狙うこともできるので一度に多くの利益を狙うこともできるので多くの可能性を秘めています。

結局、ナンピンの評判の悪さは無計画で行うトレーダーが多いことに起因しており、ナンピンは適切な相場知識とセットであれば強力な手法となることもあるのです。

ナンピン系自動売買は稼げる?

ナンピン系自動売買は稼げる?ここまでナンピンロジックが組み込まれた自動売買について解説してきましたが、では果たしてナンピンEAは本当に稼げるのでしょうか?

ここでは

  • 2019年の相場はナンピンで稼ぎやすい相場
  • ナンピンロジックの自動売買での注意点

について解説します。

2019年の相場はナンピンで稼ぎやすい相場

現在の相場は、2014年前後を境に値動きの幅(ボラティリティ)が減少している為、トレンド系の自動売買が有効です。

従って一概に答えを出すことはできませんが、2019年現在の環境であれば、ナンピンロジックが組み込まれた自動売買ツールは、かなり稼ぎやすいと言えます。

例えば、米ドル円の月足を見ると2011年から15年位まではずっと上に伸びており、買えば勝てるような環境でした。

ナンピンの解説画像A

当然、トレンドが得意な自動売買は上手く機能していたことでしょう。

しかし、2019年現在ではそこまでわかりやすいような相場にはなっていません。

三角保ち合いのような形になっていて少し読みにくいと言えます。これは全体的に見てどっちつかずの相場になっていることを意味しているので、ナンピンはとても有効です。

トレンドのように同じ方向に伸びることがないわけですからある程度上がった後に売れば下がってくる可能性が高く、効率良くお金を稼ぐことができるでしょう。

実際にアイネット証券ループイフダンというナンピン手法に近い自動売買はかなり評判が良いです。

ナンピンロジックの自動売買での注意点

ナンピンロジックが組み込まれたEAで注意するべきポイントは、相場環境の変化です。

先に挙げた月足の例では、年単位でずっとナンピンが有効ですが、実際トレードする時に月足を使う方はそこまで多くないでしょう。

短期足〜数時間足ではトレンドが有利な局面が多くあるので、そのような時にトレードを辞める選択が必要となります。

このため、いくら自動売買といってもずっと任せっきりにしてはならず自分で見張ることも大切と言えます。

定期的に送られる収益データなどを見て続行するべきか撤退するべきか判断して下さい。

特に撤退する勇気が必要となるでしょう。ナンピンは性質上既に負けているところから始めているわけですし、その取引すら負けてしまったら含み損が膨らむ方向へトレンドができてしまいやすい弱点があります。

まとめ

まとめ

ここまで『FXの自動売買のナンピンでリスクをコントロールする方法』についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

今回の内容をまとめると、FX自動売買におけるナンピンロジックは、2019年現在の相場状況では非常に有効な手段であるため、危険であるという認識は間違っているといえます。

しかし、今後の相場においてナンピンが有効かについては、その時の相場状況次第ですので、定期的にチャートを分析する事も重要です。

↓↓おすすめEA『MINAMO』の情報公開中↓↓


はたけ一押しのFX自動売買ツールは以下よりご確認ください。

おすすめのFX自動売買ツールランキングはコチラ


FXの手法に関する疑問や自動売買運用でお困りの際は、はたけ公式LINE@へ是非一度ご相談下さい。

はたけFX公式LINEアカウントはコチラ

ナンピンロジックのFX自動売買(EA)を使う時の注意事項とは?
最新情報をチェックしよう!
>5分で月10万円稼ぐ!EA『MINAMO』ご案内

5分で月10万円稼ぐ!EA『MINAMO』ご案内

5分で月に10万円の利益をあげることを可能にした最強クラスのEA「MINAMO」。短期から中長期まで対応可能。多くの実績を積んできたFXの自動売買ツールです。実績口コミ等のより詳細な内容は以下よりご確認ください。

CTR IMG