DD方式とは?

DD方式とは?

この記事では、海外FX初心者向けに、FX会社の注文処理方式の1つである「DD方式」について解説致します。

海外FX会社の多くは「NDD方式」を採用しており、DD方式は国内FX会社に多い注文方式です。

しかし、少数ではありますが、海外FXでもDD方式を採用している会社があります。

初心者の方はDD方式の仕組みや特徴を理解し、どちらが自分に合っているのか、比較検討してみて下さい。

DD方式について解説

ここでは、一部の海外FXで採用されているDD方式とはどのような注文方式であるのかを、初心者向けに解説致します。

DD方式とはDealing Desk(ディーリングディスク)を略したもので、トレーダーと注文先(インターバンクなどの金融機関)の間に、FX会社のディーラーが介入する注文方法のことを言います。

FX会社のディーラーは、トレーダーが出した注文をインターバンクでカバーするかどうかを決定したり、価格レートの調整を行ったりします。

トレーダーは金融機関と取引するのではなく、FX会社と取引をする形式になるため、「OTC取引(店頭取引)」とも呼ばれます。

このDD方式は主に国内FX会社が採用している注文方式で、現在、海外FX会社で主流となっているのはNDD方式です。

NDD方式とはNon Dealing Desk(ノン・ディーリングディスク)の略で、その名の通り、トレーダーと注文先である金融機関との間に、FX会社のディーラーが介入しない注文方式のことを言います。

DD方式を採用している海外FX会社を紹介

少数ではありますが、海外FX会社の中にもDD方式を採用している会社が存在します。

その中でも特に初心者に人気の高いFX会社をご紹介します。

  • BigBoss
  • FXDDの一部
  • GEMFOREX

次の項目にてDD方式の特徴を解説しますが、初心者だけでなく多くのトレーダーにとって稼ぎやすいのは、DD方式よりもNDD方式だと言われています。

そのためNDD方式を採用している海外FX会社であれば、WEBサイトなどにその旨が記載されていますが、もし記載がない場合はDD方式であると推測されます。

初心者に人気の高い海外FX会社「iFOREX」も、WEBサイトに「NDD方式である」と明記されていないことから、恐らくDD方式であると考えられます。

DD方式の特徴を海外FX初心者向けに解説

一部の海外FXで採用されているDD方式の特徴について、海外FX初心者の方向けに解説致します。

DD方式の特徴①スプレッドが狭い

海外FX初心者が知っておくべきDD方式の特徴1つ目は、スプレッドが狭いことです。

スプレッドの広さは各FX会社で変わりますが、DD方式が採用されている多くの国内FX会社では、ドル円のスプレッドは0.2銭などに設定されています。

また、原則固定であることが多いです。

NDD方式が採用されているFX会社の場合、ドル円のスプレッドは1.2銭~2.0銭以上となる場合が多く、変動制のため時間によってスプレッドが広がります。

取引毎にかかるコスト面においては、DD方式の方がNDD方式よりも優位だと言えます。

DD方式の特徴②顧客とFX業者が利益相反の関係

海外FX初心者が知っておくべきDD方式の特徴2つ目は、顧客とFX業者が利益相反の関係であることです。

DD方式の場合、トレーダーとFX会社が互いに取引相手ですので、トレーダーの損失はFX会社の利益となり、トレーダーの利益はFX会社の損失となります。

そのため、次の項目で述べる「取引の透明性が低い」という問題点が懸念されています。

なお、NDD方式の場合、トレーダーの注文はそのままカバー先の金融機関に流れ、FX会社はただ注文が流れていくのを見送るだけなので、トレーダーとFX会社は利益相反の関係にはなりません。

DD方式の特徴③取引の透明性が低い

海外FX初心者が知っておくべきDD方式の特徴3つ目は、取引が不透明であることです。

先ほども解説した通り、DD方式では顧客とFX会社が利益相反関係であるため、トレーダーにとって不利な取引になるよう、FX会社が操作している可能性が懸念されています。

DD方式の場合、FX会社が提示している価格レートとカバー先金融機関の価格レートが必ずしも同期しているとは限りません。

また、価格変動が激しいときに約定力が低くなったり、有利なタイミングで決済しようとしても「リクオート」と呼ばれる価格の再提示が発生するケースも、DD方式を採用しているFX会社では多々見受けられます。

まとめ

FX自動売買において、よりクリーンでフェアな取引ができることで、トレーダーの実力に応じた成績を残すことができます。

海外FX初心者の方は、DD方式のメリット・デメリット双方を理解し、自分にとって勝ちやすいFX会社を選ぶようにしてください。