FX自動売買ツール土日の稼働について解説!リスクと対策とは?

  • FX自動売買システムの稼働は土日はどうしたらいいの?
  • 土日でもEA放置していていいの?

FX自動売買取引を始めて間もない方だと、こういった土日の運用における疑問もあることでしょう。

今回、そういったFX自動売買システムにおける土日の稼働について解説していきます。

なお、月利・勝率の高いおすすめのFX自動売買ソフトについては以下の記事にまとめておりますので、こちらも併せてご参照下さい。

関連記事

FX自動売買ツールって何? FX自動売買ツールで本当に稼げるのか? 稼げる自動売買ツールはどのように手に入れたらいいのか?この記事は、上記のお悩みが解決することを目的として作成しました。FX自動売[…]

【2020年最新版】FX自動売買ツールおすすめランキングTOP5

FX自動売買ツール土日の稼働について

FX自動売買ツール土日の稼働について

裁量トレーダー・自動売買トレーダー共に、土日で取引する方は少ないはずです。

その理由は、通常FX会社は、土日が休みだからです。

つまり、営業時間外は為替レートの更新がありません。

ではFXの一つの魅力として挙げられている「FXは24時間365日取引可能」と言うのは「嘘」なのでしょうか?

いいえ、厳密に言えば嘘ではありません。

なぜならば、中東系の市場は、土日でも動いています。

そして、土日が明けて、月曜日になると「窓」が開きます。

窓とは、ローソク足とローソク足との間に大きな空間が開く状態のことです。

窓の説明

また、FXの機関投資家用に作られた「土日でもトレード可能なFX会社」が存在する点も土日に為替が動く要素の1つでもあります。

ただ、東京市場や欧米市場と言った主要市場は動いていない為、「FX取引は24時間365日可能!」と大きく謳いFXを推進する企業の広告は、誇大広告と考えていいでしょう。

上記のような理由から、土日にFX自動売買システムの稼働は止める自動売買トレーダーが多いです。

やるべきことや注意点がいくつかあるのでそれについて以下で解説していきます。

FX自動売買土日稼働のリスク

FX自動売買土日稼働のリスク

まずは、FX自動売買取引を土日に稼働する事に大きなリスクがあることを理解しましょう。

その危険性とは、窓開けにより損失を出してしまうことです。

FX自動売買システムを稼働させていると金曜日の夜(正確には土曜日の朝)にポジションを持ち越してしまうことが多々あります。

しかし、窓開けでそのポジションから見て不利な方向に動けば、「含み損」を出してしまいます。

この対策として、「損切り設定をしておけば良い」と思うかもしれません。

確かに大損する前に損切りすることは非常に大切です。

しかし、窓開けの場合、損切り設定が無効化される場合があります。

例えば、USD/JPY用のEAの場合、110円になったら損切りする設定にしていたとします。

そして、土日が終わった後の窓開けによりレートが114円まで伸びてしまいました。

この時、ポジションは即座に切られますが、110円ではなく114円で損切り注文が約定する為、想定よりも大きな額を切り落とさなければなりません。

このように損切りすら意味を為さない訳です。

極端な話ですが、土日が明けたら借金を背負っていたということもあり得なくはないのです。

FX自動売買土日における対策

FX自動売買土日における対策

先に挙げた土日リスクの対策として最も簡単なのは、金曜日になったら自動売買システムをの稼働を停止させ、窓開けした後に再度稼働させる方法です。

これなら窓開けの影響はなくなります。

しかし、この対策方法には少しばかり欠点があります。

まず、「稼働停止を忘れてしまうリスク」があるでしょう。

自動売買トレーダーには、仕事が忙しい方が多いです。

忙しいからこそトレードを自動化している訳ですが、忙しさのあまり自動売買の停止まで気が回らず、「停止するのを忘れてしまった」というパターンもあるようです。

また、土日と同様に損切りを無力化するフラッシュクラッシュも脅威です。

これは瞬間的な大幅下落のことであり、この時には約定しないことが多いので実質的に窓開けと同じと言えます。

フラッシュクラッシュはいつ襲ってくるかわからないので金曜日の停止はリスクを軽減するだけで根本的な解決にはならないと考えましょう。

その他の対策としてはロット数を落とすことが大変有効です。

仮にロット数を10分の1にすれば損失を受けたとしても本来の10分の1で済むのでリスクは大幅に軽減できます。

一般的なレベルの方であれば1万通貨で回しておく程度が望ましいでしょう。

これなら仮に5円レートが逆行してもマイナス5万円で済みます(円建て通貨の場合)から生活に影響を及ぼすレベルの損失にはならないはずです。

それでもロット数を減らしたくない場合は海外FXを使う他ないでしょう。

海外FXにはゼロカットがあるので万が一借金を背負うような逆行で大ダメージを受けても証拠金がマイナスになることはありません。

FX自動売買で土日にやるべきこと

FX自動売買で土日にやるべきこと

FX自動売買システムを稼働させている方が、土日にやるべきことは次の2点です。

  1. 運用成績の確認
  2. ファンダメンタルズの確認

運用成績の確認

土日には必ず自動売買システムの運用成績を確認して下さい。

そして、現状のままで良いかダメかを判断しましょう。

もし、負けが悪い場合には相場環境がストラテジーと合っていない可能性があります。

例えば、レンジ向けのストラテジーなのにトレンド相場になっているなどと言った具合です。

設定を変更して相場に対応させて下さい。

それができないのであれば、土日はEAの稼働停止することも視野に入れるようにしましょう。

ファンダメンタルズの確認

ファンダメンタルズ分析を行って自動売買システムを稼働させている通貨ペアが今後どちらの方向に動きやすいのかについて予想しましょう。

そうすることで、自動売買の設定がかなり作りやすくなります。

これを利用してスワップポイント狙いの裁量取引を並行して行うのも悪くありません。

FX自動売買土日の稼働についてまとめ

FX自動売買土日の稼働についてまとめ

いかがでしたか?

今回、FX自動売買取引における土日の稼働についてリスクと対策を解説致しました。

  • FX自動売買ツール土日の稼働について
  • FX自動売買土日稼働のリスク
  • FX自動売買土日における対策
  • FX自動売買で土日にやるべきこと

FXの場合土日は取引できなくはありませんが、土日の取引は効率的ではありません。

そして、損益を増やさない為にも、知識のあまりない方は稼働を止めるべきであると結論付けます。

↓↓おすすめEA『MINAMO』の情報公開中↓↓


FX自動売買ツール土日の稼働について解説!リスクと対策とは?
最新情報をチェックしよう!