FX自動売買は禁止!国内証券会社でFX自動売買が使えない理由

  • なんで日本の証券会社はMT4系自動売買をがないのか?
  • 国内で安心して使える自動売買ツールはあるのか?
  • 海外のFX証券会社なら安全に自動売買できるのか?

この記事では、上記のようなお悩みが解決できる記事となっています。

国内のほとんどの証券会社では、MT4を使った自動売買でのFX取引を禁止しています。

できれば安全な国内で、安心して自動売買でトレードしたいですよね?

そこで今回は、なぜ国内でFX自動売買の取引が禁止されているのか?や国内で自動売買ができる証券会社はあるのか?などについて解説します。

FX自動売買は禁止!国内証券会社でFX自動売買が使えない理由

2019年はFXの自動売買がブームとなりましたが、実は国内のほとんどの証券会社ではFXの自動売買での取引を禁止しています。

ユーザーが自動売買で取引をする事で証券会社にスプレッドを払うことになり、証券会社にとっても利益であるにも関わらず、何故禁止されているのか?

その理由について見ていきましょう。

ここでは

  • サーバー負荷の問題
  • 法律で違法

について説明していきます。

サーバー負荷の問題

FXの自動売買は、プログラム次第では何度も何度もトレードを重ねるのでサーバーに大きな負荷がかかります。

サーバーに負荷がかかる事によって、スプレッドが大きく開いたり、レートの動きが止まってしまったりするなどの影響が出てしまいます。

スプレッドが大きく開いてしまうと、もっとスプレッドの安い証券会社へユーザーが流れてしまいます。

実際に楽天FXでは1500pipsものスプレッドの開きを記録し、大きなユーザー離れを引き起こしてしまいました。

また、レートの動きが止まってしまう事で、アービトラージのターゲットになる恐れがあります。

関連記事:FXで勝率100%の禁断手法アービトラージのやり方を徹底解説!!

このため、ほとんどの国内証券会社では自動売買ツールを使ったFX取引を禁止しています。

法律に抵触してしまう恐れがある

FXの自動売買システムの導入を勝手に行ってしまうと法律で罰せられてしまう可能性があります。

だからこそ国内証券会社では自動売買事業に参加しているものが比較的少ないのです。

自動売買を導入する場合は、金融商品取引法に基づいていくつかの登録を済ませなければなりません。

その為参入が遅れている事も理由の一つです。

海外証券会社でも禁止される事がある

kaigaishokengaisha

海外FXでは基本的に自動売買に対して好意的ですが、禁止されていたり制限されている場合があります。

ここでは

  • レバレッジ制限がかかる可能性
  • 出金制限がかかる可能性

について説明していきます。

レバレッジ制限がかかる可能性

海外FXでは一定の資金量を超えるとレバレッジ制限がかかります。

海外FXは国内に比べ大きなレバレッジを掛けられる為、潤沢な資金を持っている方が大量にトレードすると一気にお金を持っていかれてしまいます。

そのため、大きな資金が自動売買によって頻繁にトレードされてしまうと相場の動きそのものに影響をきたす場合があります。

そうならないよう、証券会社が意図的に大量の資金で自動売買をしているトレーダーのアカウントに対し、レバレッジ制限をかけることで実質的に取引量を減らしています。

どのくらいの資金量になるとレバレッジ制限がかけられるのかについては各証券会社のページに明記されている為、そちらをご覧ください。

出金制限がかけられる可能性

自動売買でのFX取引が禁止されている口座で自動売買を行った場合、出勤制限がかけられる可能性があります。

出金制限がかけられてしまうと、今まで自動売買で得た利益を出金する事ができなくなり、これまでに稼いだお金が無駄になってしまいます。

証券会社は、実際に自動売買をしているか否かではなく、急激に連続した取引で稼いだトレーダーをマークしているという情報が入っています。

このため、自動売買に手を出していなくても出金制限がかけられるかもしれませんので、そのような場合はサポートに相談して誤解を解きましょう。

国内で自動売買が禁止されていない証券会社は?

kokunaidezidobaibaigakinshi sareteinai

国内の証券会社は自動売買を敬遠しがちですが、それでも自動売買ができるところはいくつかあります。

ここでは

  • 国内で利用できる自動売買の種類は大きく分けて2つ
  • 国内で利用できる自動売買を紹介

について説明していきます。

国内自動売買の特徴は大きく分けて2つ

国内の証券会社でできる自動売買は大きく分けて2つのタイプに分けられます。

まず利用者が多くメインで使われているのはリピート系です。

これは設定したトレード条件を満たすたびに勝手にトレードしてくれるものであり、その中でもレンジ相場に大変強いものがたくさんあります。

2019年現在の環境ではレンジ相場がとても多く、設定するだけで稼げることもあるので大変おすすめです。

反面、トレンド相場になった瞬間に負けが続くこともあり得ますので注意して下さい。

もう1つはミラートレード系です。これは、プロと同じトレードができるものであり、素人でも熟練の技を使うことができます。

上手くいけば爆発的な利益を得ることができますが、不調な時もあるので安定感を求めるのは少し難しいかもしれません。

国内で自動売買を提供している証券会社

国内で自動売買を提供している証券会社

ここでは、実際に国内で利用が可能なFX自動売買ツールをジャンル別にご紹介します。

リピート系自動売買を提供している証券会社

レンジ相場で何度も注文を自動で繰り返す「リピート系自動売買」を提供している証券会社を紹介します。

ミラートレード系自動売買を提供している証券会社

数あるストラテジーの中から選択するストラテジー選択型自動売買サービスを提供している証券会社をご紹介します。

まとめ

まとめ

ここまで『FX自動売買は禁止!国内証券会社でFX自動売買が使えない理由』についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

国内ではMT4系の自動売買を提供している証券会社はほぼありませんが、リピート系やストラテジー選択型の自動売買であれば国内証券会社でも提供しています。

初心者はMT4系の自動売買は設定が難しい為、上記で紹介したリピート系orストラテジー系での取引から始めてみてはいかがでしょうか?

本記事でもお伝えしたように、海外FX業者を使ったMT4系自動売買は、規制がかけられたり違法な運用をしている業者がいるため、初心者の方には少しリスクがありますので、利用の際は注意しましょう。

↓↓コチラからMINAMOの情報を受け取れます↓↓

FX自動売買が国内証券会社で禁止される理由とは?
最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG