FXトレード手法はシンプルが一番!初心者でもできるシンプル手法紹介

FXではなるべく手法をシンプルにすべきであると言われていますが、あまりにシンプルにしすぎると勝てなくなる危険があります。

そこで、どの位シンプルにすれば良いのか、その理由について見ていきましょう。

今回は

  • FXの手法は根拠2つ程度が望ましい
  • 手法を複雑にするデメリット
  • おすすめのFXシンプル手法をご紹介
  • その他の手法を学びたい方におすすめ
  • FXシンプル手法まとめ

について説明していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

FXの手法は根拠2つ程度が望ましい

FXの手法は根拠二つ程度が望ましい

FXではトレードする際、シンプルな手法にするのが望ましいです。

勝てる根拠が2つか3つあれば十分です。

例えば、「移動平均線がゴールデンクロスした+上昇トレンド中の押し目買い」などの合わせ技がそれに当たります。

1つの根拠(例えば、下にレンジブレイクした時ショートなど)なら最もシンプルですし、トレードできなくはありませんが、自分がチャンスだと思っても同じように考えている仲間が少なく、予想通りの方向へ伸びないことが少なくありません。

従って、何かもう1つ根拠が欲しいところです。

もちろん、誰もがチャンスだと感じるようなわかりやすい相場なら1つの根拠でも良いかもしれませんが、実際にチャートを見ていると複雑な動きをしているため、1つでは危ういです。

中々教科書通りの相場が現れないことが圧倒的多数であることは、実際にトレードをしている方なら誰もが知っているでしょう。

従って、シンプル過ぎるのも少し問題です。このため、トレードする根拠は複数が望ましいでしょう。

しかし、それならば2つや3つではなく、もっと沢山の根拠を見つければ良いのではないか?と疑問を持たれる方もいるでしょう。

確かに根拠は多い方が良いですが、多くトレード根拠を見つけてもても良い結果を生み出すとは限りません。

手法を複雑にするデメリット

手法を複雑にするデメリット

FXの手法を検証するうちにどんどん複雑化してしまう方も多いかと思いますが、実はあまりよくありません。

手法にトレード根拠をどれだけ詰め込んだからといって勝率が上がることはほぼありません。

トレード手法が複雑になればなるほど、エントリーポイントがなくなってしまいます。

シンプルな手法と違い、何個も根拠を見つけなければならないので、そうそう簡単にトレードに踏み切ることができません。

トレードチャンスを見つけるので一苦労です。単純にいくつもの条件を満たさなければならないわけですから、経験も積めません。

従って、検証することができず、複雑な手法はどれほどの勝率を持っているかもわからないでしょう。骨折り損のくたびれ儲けにしかならないことが予想されます。

FX初心者が複雑な手法を用いた場合、最悪なのはトレードチャンスが来ないことに痺れを切らしてチャンスでもないのにエントリーしてしまうことです。

トレード手法やルールを考えるのは、無駄なトレードを減らすのも目的の1つですが、これでは逆効果です。

また、凄いトレーダーは複雑な手法を使っているイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実はシンプルであるという説が濃厚です。

もちろん、トレードの大体の手法は公開していても肝心なところは隠していると思われますが、大体それは経験に基づく言語化できない微妙なものであって、手法を複雑にしているわけではありません。あまり複雑にし過ぎないことが大切です。

おすすめのFXシンプル手法を紹介

当サイト厳選のおすすめ手法を一つご紹介します。

この手法はローソク足移動平均線を使ったとてもシンプルな手法ですが、決められたルールで行えばとても有効な手法です。

この機会に是非覚えてみてください。

  1. 日足チャートで長期的な上昇トレンドとなっている確認
  2. 4時間足で上昇トレンドとなっているか確認
  3. ①②の確認がとれたら、移動平均線をサポートラインとする。

①日足チャートで長期的なトレンドとなっているか確認

日足チャートで長期的なトレンドとなっているか確認

日足チャートを開き、長期的な上昇トレンドとなっている事を確認しましょう。

この時、移動平均線が上昇方向に進み、ほとんどのローソク足が移動平均線の上にあれば、上昇トレンドと判断できます。
※この記事での解説は上昇トレンドとして紹介していますが、下降トレンドの場合はこの逆となります。

②4時間足で上昇トレンドとなっているか確認

4時間足で上昇トレンドとなっている確認

4時間チャートをひらき、日足のように上昇トレンドでほとんどのローソク足が移動平均線の上にある事を確認します。

日足と4時間足、二つのチャートが同一方向を向いている事が確認できたら、いよいよエントリーポイントを決めていきます。

はたけ
もし、日足と4時間足が全く違う動きをしていたり、どちらか一方がレンジ相場の場合などはエントリーポイントではありませんので次の機会を狙いましょう。

③移動平均線をサポートラインにする

移動平均線をサポートラインにする

この手法は「押し目買い」でエントリーします。

上昇トレンド中に、一時的に価格が下落して移動平均線と接触し、その後再び上昇を始めた事を確認したタイミングでエントリーします。

はたけ
どの手法にも共通しますが、必ずイグジットポイントと損切ラインは設定しておきましょう。損失はできるだけ抑え、もし損失となった場合でも、再度エントリーできる余剰資金を残す事が大切です。

その他手法を学びたい方におすすめ

当サイトは2019年5月より「はたけ投資カレッジ」を開校しました。

当カレッジでは「テクニカル分析・資金管理・リスク管理」を主軸とした、FXで絶対に覚えておきたい項目を厳選してレクチャーをしています。

Xの経験が全くない方でも、半年後には月々安定10万円の利益を上げれるよう指導していきます。

2019年5月より開校して約1か月が経過しましたが、生徒さんの人数も現在3,000名となり、非常に多くの方にご入校頂いております。

ちなみに、今回入校して頂いた方すべてに、自動売買ツールを無料でお配りしています。

この自動売買ツール、実はかなり再現性の高いツールで、現在入校頂いている生徒の方々に導入いただいているのですが、8割の方々が実際に利益を重ねています。

実はこの自動売買ツール、安定的に月利30%を出した最強の自動売買システム「アンビション」の第二弾となります!!

そのアンビションの二弾作が無料でゲットできるまたとないチャンスとなります。

この自動売買システムは今後有料版として一般販売を行いますので、本当に今がチャンスです!

まとめ

FXの手法はシンプルな方がいい!おすすめの手法ご紹介

いかがでしたか?

今回は

  • FXの手法は根拠2つ程度が望ましい
  • 手法を複雑にするデメリット
  • まとめ

について説明しました。

FXの手法は、なるべくシンプルにするのがおすすめです。とはいえ、シンプル過ぎると勝率が落ちる恐れがあるため、トレード根拠は2〜3個欲しいところです。

複雑にすると中々勝てなくなってしまうので、もし難しい手法を使っている方は、なるべくシンプルなものに切り替えましょう。

また、手法は複雑すぎるとエントリーチャンスが来ないことにイライラして無駄にトレードを重ねる結果になりかねません。

シンプルなトレードにしたい場合、おすすめなのは、レンジブレイク、平均線、チャートパターン、押し目買い、戻り売りなどメジャーなテクニカル分析です。

これらは使っている人が多いので、自分と同じような予想をする人が増えることが期待できます。

FX手法はシンプルがおすすめ
最新情報をチェックしよう!
>はたけ投資カレッジ入校案内

はたけ投資カレッジ入校案内

当カレッジは、「チャート分析・メンタル管理・資金管理」という投資をする上で重要な3つのポイントを学んで、本物の投資家になってもらう為のカレッジです。
うわべだけの手法ではなく、この投資に重要な3つのポイントを学べば、月10万円はめざせます。
あなたも「自分だけの力」で生きていきませんか?

CTR IMG