FX界最強のパラボリックSAR手法を使った上手な稼ぎ方

パラボリックSARFX順張りスキャルピング手法に強いインジケーターです。

トレンド発生中、どこでエントリー&利確をしたらいいか分からないという方には、パラボリックSARがおすすめです。

含み益が発生すると、焦って利益確定をしてしまうFX初心者の方は非常に多いと思います。

パラボリックSARを使うことで、そんな「チキン利確」を回避できるだけでなく、トレンド転換を予想して逆張りで大きく儲けることも可能です。

この記事では、パラボリックSARの正しい知識と、具体的なFX手法をご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

  • パラボリックSARの見方
  • パラボリックSARの特徴
  • パラボリックSARを使ったFXの順張り手法
  • パラボリックSARを使ったFXの逆張り手法

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

FXで人気のパラボリックSARとは?

パラボリックsarとは

パラボリックSARとは、アメリカの投資研究家J.W.ワイルダー氏により考案されたトレンド系インジケーターです。

SARは「Stop And Reverse(ストップアンドリバース)」の略称です。

J.W.ワイルダー氏はパラボリックSAR以外にも、RSIやDMIなど、FXにおける人気インジケーターの開発者として有名です。

パラボリックSARは開発から40年以上経った現在でも、世界中のFXトレーダーに利用されており、数あるインジケーターの中でも信頼性が高いことが分かります。

パラボリックSARの見方

パラボリックSARの基本的な見方をご紹介します。

パラボリックSARとは?

上のチャート画像の、ローソク足の上下に引かれている点線がパラボリックSARです。

放物線を描くようにラインを表示することから、parabolic(放物線という意味)という名前がついたと言われています。

パラボリックSARの基本的な使い方は、線の表示されている位置を見ることで、トレンドの状況を把握することです。

パラボリック

  • 上昇トレンド:価格の下に表示される
  • 下降トレンド:価格の上に表示される

ローソク足がパラボリックSARの線に触れた時は、トレンドの終わりと考えることができます。

このように単純な指標なので、FX初心者でもかなり簡単に扱えます。

パラボリックSARの特徴

パラボリックSARの特徴として、

  • ある程度の期間トレンドが発生している相場に強い
  • 逆に一定の範囲内で動いているレンジ相場には弱い

ということが挙げられます。

パラボリックはトレンドで使う

上の画像のようなトレンド相場では、パラボリックSARが有効に働きます。

しかしトレンドがなく、小さい値幅で動いているような時はバラボリックのラインが頻繁に切り替わります。

そのような時にエントリーすると、ダマシの発生率が高まります。

そのため、FXでパラボリックSARを使う場合は、「今の相場がトレンドなのかレンジなのか」を見極める相場分析力が必要と言えます。

関連記事

FX初心者でも大きく稼ぐ事ができるレンジブレイク手法今回は、FX初心者の方に是非おすすめしたい「レンジブレイク手法」についてご紹介いたします。この手法は、ブレイクアウト手法とも呼ばれ、レンジ相場からブレイクアウトし、トレンド相場[…]

レンジブレイク手法でトレンドの見極め方を解説

相場分析ができるようになれば、パラボリックは順張り・逆張り両方で使える強いインジケーターです。

以下より、パラボリックSARを利用したFX手法について解説します。

パラボリックSARを使ったFX順張り手法

まず、パラボリックSARを使ったFXの順張り手法をご紹介します。

この手法は、トレンド相場で「エントリー」と「利確」を繰り返すスキャルピング手法です。

トレンドが続いている間、ポジションを持ち続けることで大きく利益を得ることも可能です。

まず最初に、1時間足または4時間足で相場の方向性を確認しましょう。

トレンドの判断方法として、移動平均線のパーフェクトオーダーなどを使うのがオススメです。

関連記事

移動平均線とは?移動平均線は相場のトレンドをつかむ為のインジケーターで、設定した期間内の終値の平均を線で結んだトレンド系インジケーターの一つです。英語でMoving Averageと表記する為「MA」と呼ばれる事もありま[…]

移動平均線

パラボリックSARを使ったエントリーポイントの判断

エントリーポイントの判断は、5分足または1分足で行います。

パラボリックSARの表示は、

MT4の上部タブ「挿入」→インジケーター→トレンド系→「parabolic SAR」を選択します。

ツールによっては、SARの部分が省略され「パラボリック」の名称で登録されている場合もあります。

順張り手法のエントリーポイントは、上の画像の黄色部分になります。

パラボリックSARのラインがローソク足にタッチし、パラボリックの位置が上から下(下降トレンドの場合は下から上)に切り替わったタイミングです。

パラボリックSARを使った利確ポイントの判断

この手法の利確ポイントは、エントリーした位置から「1つ前のパラボリックSARの値幅と同じくらいの値動きがあった位置」を目安にします。

下の画像の赤丸部分になります。

FX初心者の場合、含み益が発生した途端、その利益が減ってしまうのを恐れてすぐに決済してしまうことが多いのではないでしょうか?

いわゆるチキン利確というものですね。

チキン利確の癖がつくと、勝った時の利益は小さく、負けた時の損失は大きくなってしまうので、トータルで負けてしまう可能性が高まります。

しかしパラボリックSARを指標にする事で、利確ポイントが視覚的にわかりやすいですし、絶対的な基準ができるため、感情を抜いた合理的なトレードが可能になります。

パラボリックSARを使ったFX逆張り手法

パラボリックを使って逆張りで大きく稼ぐ

次に、パラボリックSARを使ったFXの逆張り手法をご紹介します。

基本的にパラボリックはトレンドの終わりを示すインジケーターなので、FXにおいてはトレンド相場で「購入」「決済」のポイントを見るために使うのが一般的です。

ただし、トレンドの終わりということは、もうトレンド方向に巡行する見込みが無いということも意味している為、パラボリックにタッチした時に逆張りするという手法も有効です。

逆張りでのエントリーポイントも、パラボリックの位置が切り替わったタイミングになります。

しかしあくまでトレンドが終わる見込みが立っただけで、トレンド反転する見込みがあるわけではありません。

そこで、もう一つこれまでの流れが変わる根拠が欲しいところです。

パラボリックSARと合わせてチャートパターンにも注目

パラボリックSARを使って逆張りする際は、パラボリックにタッチ+トレンドが変わるサインが見えた時にエントリーしましょう。

例えば、トレンド転換のチャートパターン「ダブルトップ(ボトム)」や「ヘッドアンドショルダー」などが確認できた時です。

上の画像では、下降トレンドの安値圏でダブルボトムが発生しています。

戻り高値を更新したため、上昇方向に動いていると判断することができます。

FX手法はパラボリックSARだけじゃない!

はたけ投資カレッジの入校案内

今回はパラボリックSARを使ったFX手法をご紹介しましたが、勝つための手法はまだまだたくさんあります。

はたけFXブログでは、2019年8月に“FX初心者や未経験者向けのFXスクール”を開校しました。

当校では、FXの基礎知識をはじめ、最終的には月100万円の利益を取るための手法を学んで頂きます。

楽しく気軽にどなたでもご参加頂けるよう、業界では破格の3900円で本格的なFX手法が学べます。

はたけ投資カレッジに関する詳細は『はたけ投資カレッジ入校案内』をご確認下さい。

まとめ

パラボリックまとめ

いかがでしたか?

この記事では、以下のポイントについて解説致しました。


  • パラボリックSARの見方
  • パラボリックSARの特徴
  • パラボリックSARを使ったFXの順張り手法
  • パラボリックSARを使ったFXの逆張り手法

パラボリックSARを使えば、相場分析・チキン利確の回避が同時に学べるので、FX初心者にはとてもおすすめです。

順張りと逆張り両方で勝てるようになれれば、FX初心者でも大きな利益を狙えます。

検証を重ねた上で、パラボリックSARを使った手法に是非挑戦してみて下さい。

はたけFX公式LINE@参加者限定!!

現在、僕の公式LINE@では、
"リアルタイムの相場"で
利益を出し続けている

勝率の高いEA情報

大公開しております。

  • 使おうとしているツールが現在の相場で稼げるかどうか不安…。
  • 本当に勝てるEAが欲しい…。
  • 本当に稼げるか確認した上でEA運用を始めたい…。

このようなことでお悩みの方の為に、
毎月きちんと利益を出しているツールのテスト結果もしっかりと公開しております!

以下のQRコード、もしくはボタンよりご登録ください。

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

最新情報をチェックしよう!