FX負け組必見!最強手法GMMAで月500pips取る方法

GMMAなら高勝率でシンプル!負け組トレーダーにおすすめしたい手法
GMMA(Guppy Multi Moving Average)とは、オーストラリアの株式トレーダー兼アナリストの”ダリル・ガッピー”氏が考案したテクニカル指標で、別名複合型移動平均線ともいわれます。
呼び方は人それぞれですが、「ジー・エム・エム・エー」や「ガンマ」とも呼ばれています。

このGMMAを使った取引手法は国内外とわず多くのFXトレーダーが愛用しており、中にはGMMAのみで巨万の富を築いたトレーダーもいる程人気の高いインジケーターです。

このGMMAを使う事で、

  • 不利なレートでエントリーしてしまう
  • まだ利益が出るのに早めに決済してしまう
  • トレンドにうまく乗る事ができない

このようなお悩みを解決できるインジケーターとなりますので、是非覚えておきましょう。

GMMAを使った手法の概要

GMMAを使った手法の概要

GMMAは、短期線と長期線を各6本ずつ、合計12本の移動平均線を引いた見た目的にも非常にインパクトのあるインジケーターです。

GMMAを使った手法解説画像A

これは全てEMAという指数平滑移動平均線という直近の値動きで計算されているものです。

数値は短期が3・5・8・10・12・15で、長期が30・35・40・45・50・60です。

これを使えばトレンドの強さやエントリーポイントがわかるので大変有効です。

ここでは

  • 何故この手法が有効か?
  • この手法でどれくらい稼げるか

について説明していきます。

何故この手法が有効か

GMMA手法が有効なのは、トレンドの強さがわかりやすい上に、どこからトレンドが発生するのかが簡単にわかるからです。

トレンドの発生は短期と長期の移動平均線が乖離したことでわかります

GMMAを使った手法解説画像A

移動平均線の性質上、ローソク足が方向感を持って動き出すと、ほぼ必ず移動平均線とローソク足との乖離が見られるので、トレンドの発生が明確に分かります。

そして、そのトレンドがどの位強いのかも、どこで移動平均線と反発したかによって分かります。

トレンドがでている場合、ローソク足は短期の移動平均線で反発することが多く、その時数字の若い線で反発していれば強めのトレンドを示し、数字が高ければ弱いトレンドとなります。

このようにトレンドの強さがわかりやすいのでエントリータイミングを絞りやすいのです。

例えば、本来はトレンドが出た後の押し目や戻りを狙ってエントリーが好ましいのですが、強いトレンドを示していればそこまで押し目や戻りを待たずにエントリーするなどの判断ができます。

この手法でどれくらい稼げるか

GMMAを使った手法では大きく稼げます。

トレンドに乗る手法なので、1時間足を基準に考えれば100pips程度稼ぐことができます。

一般的な通貨単位である1万通貨であれば1ロットで1万円です。(米ドル円など円建て通貨を基準にした場合)

もちろん、必ずしも100pipsに設定する必要はありませんし、マイナーな通貨ペアであれば更に小さい利益で我慢することも考えなければなりません。

損切りは大体20〜30pipsを目安に設定します。

これならある程度の逆行に耐えることができますが強気に行くならトレードした押し目の下(戻りの上)にすることもできます。

GMMAを使った手法解説画像C

GMMAは性質上、押し目買いや戻り売りになりがちなので負けた時のダメージを減らしたいのであればこれを検討しても良いでしょう。

その際、勝率が下がることには注意しなければなりません。

GMMAを使った手法のやり方を解説

GMMAを使った取引手法の解説

GMMAを使った手法のやり方について詳しく解説していきます。

Name

はたけFXブログでは、チャートツールのMT4の使用をおすすめしています。

MT4は、様々な機能を追加してカスタマイズし、自分のスタイルにあったトレードをするのに大変有効なツールで、世界中で多くのトレーダーに利用されています。

MT4のインストールやダウンロード、使い方に関しては、『初心者向けMT4完全マニュアル』にて解説していますので、そちらをご確認下さい。

まずは、チャートソフトにGMMAの特徴的な12本の線を表示させる必要がありますので、設定方法について解説します。

MT4にGMMAを表示させよう

まずは、お使いのチャートソフトMT4に、GMMAの特徴的な12本の線を表示させます。

少し面倒ですが、指数平滑移動平均線(EMA)を1つひとつ出していきましょう。

数値を忘れてしまったら冒頭の説明を再度ご確認下さい。

その際、短期と長期で色を分けるのがおすすめです。

それが終わったら次はトレンドを見つけましょう。短期と長期の移動平均線が乖離していたらトレンドと言えます。

そして最後に移動平均線で反発したところで押し目買いや戻り売りをして下さい。

GMMAを使った手法解説画像D

これでトレードは終了です。GMMAはかなり規格外とすら言えるほどのインジケーターですが、トレードのやり方自体は一般的な手法とそこまで変わらないのでFX初心者の方でも使いこなすのは難しくないでしょう。

GMMAを使った手法の注意点

GMMAを使った手法の注意点

GMMAを使用する際の注意点は意外にもそこまで多くありません。

.というのも、本質的には移動平均線を使ったシンプルな押し目買いと戻り売りでしかないので基本戦術の1つであり弱点は少ないのです。

トレンドを利用した手法なので、ローソク足がよく動く時間帯にトレードすることや指標発表時を避けるなどを徹底すれば十分でしょう。

GMMAだけじゃない!FX手法を学ぶならはたけ投資カレッジへ

今回ご紹介したGMMAを使った取引手法以外にも、FXにはたくさんの手法があります。

どの手法もそれぞれ強みと弱みがあり、どの相場でどの手法を使うかというのが重要となります。

はたけ投資カレッジでは、FXの基礎知識から手法の使い方まで、FXに必要な知識を3つのカリキュラムに分類してレクチャーしています。

当校に入校頂いた生徒さんの多くは投資未経験からのスタートですが、現在ではステップ2の月30万の利益目標を達成している方も続々と出てきています。

学生や主婦などの方々にも気軽にご参加頂けるよう、月額980円という業界では破格の費用で全カリキュラムを受講する事ができます。

これからFX投資で稼ぎたい!とお考えの方にはとてもおススメのスクールとなっています。

はたけ投資カレッジの詳細や入校方法は以下の記事にて紹介していますので、是非ご参考下さい。

>>はたけ投資カレッジ入校案内はこちら<<

まとめ

GMMAを使った手法まとめ

ここまでGMMAの取引手法についてご説明しました。

要約すると

  1. MT4にGMMAの設定をする
  2. GMMAの剥離を基にトレンドを見つける
  3. GMMAの線に触れたら押し目買いor戻り売り
  4. 利確は+100pips、損切は-30pipsに設定

以上がGMMAを使った取引手法のまとめとなります。

GMMAはチャートが複雑になるため初心者には難しいという意見もありますが、要領と見方さえ覚えれば十分に初心者でもチャレンジできる手法です。

勝率も高く、勝ち組トレーダーも多く用いている手法の為、負けが続くトレーダーなどは是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

はたけ公式LINE@参加者限定!!
資産7,000万形成プロジェクト』のご案内
クロスシステム
はたけFXブログでは10年間で資産7,000万円を構築するプロジェクトを発足しました。
当プロジェクトでは、FX初心者でも運用可能な”長期運用型EAでは最強レベルの完成度”といわれるEAを使い、10年後の資産構築を本気で目指します
プロジェクトの参加は以下、はたけ公式LINE@にて詳細情報を配信中!!
プロジェクトの参加費はもちろん無料まずは気軽にチェックしてみて下さい!
↓↓↓↓以下はたけ公式LINE@↓↓↓↓
クロスシステムオプトQR

 

FX負け組必見!最強手法GMMAで月500pips取る方法
最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG