FXの知らなきゃ損するスプレッドについて初心者向けに分かり易く解説

スプレッドとは、FX取引をする度に発生する手数料です。

この記事では、FX初心者の方が絶対に覚えておかないといけないスプレッドについてご紹介いたします。

FXにおけるスプレッドはいわゆる手数料のようなもので、取引毎に発生します。

その為、スプレッドを理解しておかないと、

  • 利益が取れているはずなのに、なぜかマイナスになっている・・・」
  • 「利益計算をしても数字が合わない・・・」

といった事態になりかねません。

スプレッドについて正しい知識をつけ、効率のいいトレードを行いましょう。

この記事でわかる事

  • スプレッドって一体なに?
  • スプレッドが狭い通貨ペア
  • スプレッドが狭いFX会社

この記事は内容が深く、ゆっくり見て頂きたいので、宜しければブックマーク登録をお願いします。
分からなくなった場合、見返す時にとても便利ですよ♪

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

初心者が注意したい「スプレッド」とは?

スプレッドとは

FXにおけるスプレッドとは、為替レートの売値と買値の差のことを言います。

ニュースなどで「現在の外国為替市場は1ドル105円90銭から93銭の間で取引されています」といった表現を聞いたことはありませんか?

これは、

  • 1ドルを買う場合は105円90銭
  • 1ドルを売る場合は105円93銭

という意味になります。

このように、FXでは売る時の価格と買う時の価格が異なり、差額であるスプレッドが実質上の取引手数料となります。

FXではスプレッドが狭いほど取引コストが安くなる

スプレッドが狭いほど取引コストが安くなる

FXでは、スプレッドの価格を表現する時、通常「スプレッドが広い」や「スプレッドが狭い」といった表現をします。

  • 「スプレッドが広い」とは、買値と売値の価格差が広い=手数料が高い
  • 「スプレッドが狭い」とは、買値と売値の価格差が狭い=手数料が安い

という表現となります。

スプレッドは利用するFX会社や通貨ペアによって違いがあります。

つまり、スプレッドの開きが小さいFX会社や通貨ペアを選ぶことで、取引コストを安く抑えられるということです。

逆にスプレッドの開きが大きいと、その分支払うべき手数料が高くなることになります。

FXの短期取引ではスプレッドに注意

短期取引ではスプレッドに注意

FX初心者の方で、スキャルピングデイトレードなど取引頻度が多い取引手法をとっている方は、取引毎にスプレッドがかかっていることに注意しましょう。

例えば「1ドルを買う場合は105円90銭、1ドルを売る場合は105円93銭」の場合、スプレッドは買値-売値の3銭となります。

1回のトレードでは大した金額に感じませんが、FXはまとまった通貨を取引しますので、

  • 1万通貨の場合:
    3銭×10,000通貨 = 3,0000銭 = 300円
  • 1,000通貨の場合:
    3銭×1,000通貨 = 3,000銭 = 30円

となります。

上記のように、まとまった通貨で集計してみると結構な金額のスプレッドコストが掛かっている事に気が付きます。

特に、1日数pipsの利益を取りに行くスキャルパーやデイトレーダーの方は、「スプレッドが利益額を上回っていた」ということにならないよう、FXにおけるトータルコストとトータル利益を把握しておく必要があります。

FXのスプレッドは業者・通貨ペア毎に変わる

先ほども少し触れましたが、FXのスプレッドは利用するFX業者や通貨ペア毎に異なります。

ここでは、スプレッドが変わる仕組みについて解説します。

スプレッドには原則固定と変動制がある

原則固定と変動制について
FX会社が提示するスプレッドには「原則固定」「変動制」の2パターンがあります。

原則固定とは、スプレッドは原則固定されているが、相場の流動性が高い時(経済指標発表時)などは変動するという事です。

変動制とは、相場の流動性に応じて常に変動しているという事です。

現在ほとんどのFX会社は原則固定となっていますが、変動制のFX会社もありますので注意が必要です。

変動制のFX会社を選んだ場合、「せっかくの取引チャンスなのにスプレッドが広くなり利益率が低くなってしまった」といった事になりかねません。

FX初心者の方は、コスト管理を行いやすくするためにも原則固定でスプレッドの幅が狭い証券会社を選ぶのがおすすめです。

スプレッドが開くタイミングとは

スプレッドが開くタイミングとは

国内FX口座は海外口座に比べ、比較的安いスプレッドで取引できますが、時にスプレッドが大きく開く事があります。

どういう時に開くのかというと、

  • 相場の流動性が低い時(取引量が少ない時)
  • 重要な経済指標の発表時(取引量が極端に増える時)

ようするに、取引量が極端に少ない時や極端に多くなる時は、原則固定であっても手数料が高くなる場合があるという事です。

具体的にスプレッドが開くとされるタイミングで代表的なのは

  • 日本時間6時~9時のオセアニア時間
  • 毎週月曜日の7時~8時頃
  • 年末年始とクリスマス
  • 毎月第一金曜日の21:30にある米雇用統計発表時
  • リーマンショックや東日本大震災などの突発的な事象が発生した時<\li>

上記のタイミングは、スプレッドが大きく開くタイミングですのでFX初心者の方は注意が必要です。

スプレッドが狭い通貨ペアランキング

スプレッドが狭い通貨ペアランキング

 

1位:ドル×円(USD/JPY)

アメリカと日本の通貨を合わせているので、情報が入りやすいのが嬉しいポイントです。

スプレッドは、0.3pipsが最安水準です。

2位:ユーロ×ドル(EUR/USD)

2つ目は、ユーロ米ドルです。これは、世界で最も取引されている通貨です。

これも、多くの情報に恵まれています。スプレッドは0.4pipsが最安水準です。

3位:ユーロ×円(EUR/JPY)

先の2つよりは優先度は下がりますが、十分に情報は入ります。

スプレッドは0.5円が最安水準です。

市場が大きく多きい通貨を選ぶ

全てに共通して言えることは、スプレッドが安く開きにくいので、2重の意味で安全であることです。

これらの通貨ペアは流動性が高く、かなりの量の取引が行われるため、一部の機関投資家が大金を注ぎ込んでも値が動きにくく、一般人と同じような条件で戦うことができます。

FX初心者は、必ずこれらの通貨ペアを中心にトレードを始めましょう。もし、これらの通貨ペアとの相性が悪かったり、他の通貨ペアの方が良いと感じた場合のみ別のものを試して下さい。

これらの安く安全な通貨ペアで勝てればそれに越したことはないためです。また、FX初心者の場合、経験を積むことが重要です。

このため、短期の取引に集中しがちでしょう。そんな時に、スプレッドの高い通貨を使っていたらかなりの無駄が生じることは目に見えています。

スプレッドが狭いFX会社TOP3

スプレッドが狭いFX会社TOP3

DMM FX

DMM FXのスプレッドは原則固定で、USDは0.3銭と業界最狭クラスのFX会社です。

DMM FXでは、複数のカバー先からレートを受けているので、より安定して有利なレートを提供してくれます。

SBI FXTRADE

SBI FXTRADEのスプレッドは業界最狭のUSDJPY0.27銭となっています。

しかし注意したいポイントとして、1通貨~100万通貨までの注文は0.27銭の原則固定となりますが、100万1通貨からは変動制となります。

GMOクリック証券

GMOクリック証券のスプレッドは原則固定で、USDJPYは0.3銭の原則固定となります。

しかし、トルコリラ/円に関しては、原則固定ではなく流動性となりますので注意が必要です。

FXを基礎から学ぶならはたけ投資カレッジへ!

はたけ投資カレッジの入校案内

はたけFXブログでは2019年5月より、FX初心者や未経験者向けにFXスクールを開校しました。

当校では、3つのSTEPでFXの基礎知識から、最終的には月100万円の利益を取るための手法を学んで頂きます。

当校は、楽しく気軽にどなたでもご参加頂けるよう、業界では破格の3900円で本格的なFXトレードが学べます。

当校の校長兼株式会社BUUNO代表の畠中伸正が実際に各地へ足を運び、セミナーや食事会などの直接触れ合えるイベントも定期的に開催しています。

はたけ投資カレッジに関する詳細は『はたけ投資カレッジ入校案内』をご確認下さい。

まとめ

スプレッドまとめ

ここまで

  • スプレッドとは?
  • スプレッドが狭い通貨ペアランキング
  • スプレッドが狭いFX会社TOP3

についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

スプレッドは0.3銭程度なので、FX初心者の方は「別にそれくらいなら気にしない」という方もおられるかもしれません。

しかしこれからトレーダーとして日々何十回と取引を重ねていくことで、必ずスプレッドコストが気になってくると思います。

スプレッドが狭ければ狭い程、取れる利益も増えますので、口座を選ぶ際はぜひスプレッドに注目してみてはいかがでしょうか?

 

はたけFX公式LINE@参加者限定!!

現在、僕の公式LINE@では、
"リアルタイムの相場"で
利益を出し続けている

勝率の高いEA情報

大公開しております。

  • 使おうとしているツールが現在の相場で稼げるかどうか不安…。
  • 本当に勝てるEAが欲しい…。
  • 本当に稼げるか確認した上でEA運用を始めたい…。

このようなことでお悩みの方の為に、
毎月きちんと利益を出しているツールのテスト結果もしっかりと公開しております!

以下のQRコード、もしくはボタンよりご登録ください。

 

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

スプレッドとは?
最新情報をチェックしよう!