FXローソク足の正しい見方と分析方法を解説

はたけ
こんにちわ!「はたけFXブログ」を運営しているはたけ(@hatakefxtrade)です。
普段は、はたけ投資カレッジというFX学校の校長をしています。
初心者でも月10万円の副収入を得る為のFX初心者向け投資学校
ロウソク足はシンプルだけど奥が深い

チャート画面でよく見るローソク足ですが、値動きを時系列で表す事はFX初心者の方でもご存じだとおもいます。

しかし、このローソク足を見ることで相場の状況を把握できる事はご存じでしたでしょうか?

今回は、ローソク足の基本的な見方と、ローソク足を使って相場の状況を把握する方法をご紹介いたします。

この記事で分かる事

  • ローソク足の見方
  • ローソク足を使った相場分析方法

この記事は内容が深く、ゆっくり見て頂きたいので、宜しければブックマーク登録をお願いします。
分からなくなった場合、見返す時にとても便利ですよ♪

ローソク足の見方を解説

ローソク足とは、FXチャートで最もよく使われるチャートで、始値・終値・安値・高値の4つの値動きを時系列で表したものです。

ローソク足は売買のタイミングを判断するサインを出している非常に重要なサインであり、初心者の方は絶対に覚えておきたいポイントです。

FXにおけるローソク足の見方についての解説画像

ローソク足の見方:陰線と陽線

ローソク足には「陰線」と「陽線」の2種類しかありません。

陽線が多い場合は、買いの勢いが強く上昇相場という事が分かります。

陰性が多い場合は、売りの勢いが強く下降相場という事が分かります。

ローソク足の見方:ヒゲ

ローソク足をよくみると、実体部の上下に線が伸びている事が分かります。

この線を「ヒゲ」と言い、その時間の最高値と最安値が表示されています。

上のヒゲが長ければ、一時的に上昇したが売りの圧力が強く押し下げられてしまった事が分かります。

下のヒゲが長ければ、一時的に下降したが買いの圧力が強く押し上げられてしまった事が分かります

ローソク足の見方:実体部

ローソク足の実体部の長さで、上昇や下降の圧力の強さが分かります。

実体が長い陽線の場合は大陽線といい、強い上昇力を表しています。

実体が長い陰線の場合は大陰線といい、強い下落力を表しています。

ローソク足を使った値動きの予想

上記にてローソク足の基本的な見方を解説しました。

ローソク足の知識があれば、ファンダメンタルなどの知識がなくても、一目で相場の状態を把握する事ができるようになります。

それでは、次にローソク足を使った具体的な分析方法についてご説明いたします。

ここでは

  • スラストアップ・スラストダウン
  • インサイド・アウトサイド
  • 赤三兵・黒三兵(三羽烏)
  • ピンバー・スパイク
  • ビルドアップ

について説明していきます。

スラストアップ・スラストダウン

FXにおけるスラストダウン・スラストアップの解説画像

スラストダウン・スラストアップでは、トレンドの強さを確認する事ができます。

スラストアップとは、一つ前のローソク足の高値を上回って終値が確定した場合をいいます。

連続してスラストアップが出た場合は、発生している上昇トレンドが強い事を示していますので、買いのチャンスです。

スラストダウンとは一つ前のローソク足の安値を下回って終値が確定した場合をいいます。

連続してスラストダウンが出た場合は、発生している下降トレンドが強い事を示していますので、売りのチャンスです。

インサイド・アウトサイド

FXにおけるインサイド・アウトサイドの解説画像

インサイドは、最新の数本のローソク足が直近の大きなローソク足の範囲にすっぽりと収まってしまうパターンです。

この場合は値動きの幅が小さくなっていることを意味しており、手を出さないことを示しています。

どちらに抜けるか全く予想ができないので、傍観に徹するのが無難な選択となります。

アウトサイドは、最新のローソク足が、過去数本のローソク足の範囲を超えているパターンです。

この場合は、超えた方向にポジションを取るチャンスです。

直近よりも値動きが激しくなったことを意味しているので、この先に伸びる前触れと言えます。

赤三平・三鳥羽

FXにおける赤三瓶・黒三瓶(三羽烏)の解説画像

赤三平は、陽線が3本続けて階段のように上がっていくローソク足のパターンで、買いでエントリーするチャンスです。

三鳥羽はその逆で、陰線が3連続で階段のように下がっていくパターンで、売りのチャンスです。

このパターンの特徴は、とにかく当てた時の利益が大きいことです。

主にトレンドの反転を示しているので、底から買ったり天井で売ったりすることが可能です。

しかし、その分確率はあまり保てず、何連敗してもおかしくありません。ただ、1回当てるだけでこれまでの負けを吹き飛ばすことができるほどのポテンシャルを秘めているため、負け続けても冷静さを保ち、含み益を伸ばすことのできるメンタルが強い人にはおすすめです。

ピンバー・スパイク

FXにおけるピンバー・スパイクの解説画像

ピンバースパイクも上の赤三平・三鳥羽と同様に、これまでの流れの転換を表すものです。どちらも、実体が小さくヒゲが長いローソク足のことです。

スパイクの方が実体が大きめと言われていますが、明確な定義はありませんし、トレンドが変わるサインであることに違いはありません。

比較的よく見るローソク足の形なので、抑えておく価値が高いと言えるでしょう。

これだけでも戦えますが、他の手法と組み合わせるとより効果を発揮します。例えば、上ヒゲのピンバーを見つけた場合すぐにエントリーするのではなく下にレンジブレイクするのを待つといったものが挙げられます。

ビルドアップ

FXにおけるビルドアップの解説画像

ビルドアップは、ローソク足数本から成り立つ小さな塊です。これがレンジブレイクする少し前に出ると、いざブレイクした時に伸びやすく思惑と違う方に動きにくいため、使いこなすことができれば確率の高いレンジブレイク手法が手に入ります。

レンジブレイクの直前にビルドアップができるということは、ブレイクさせたくない側のポジションを取っている人がいることを現しており、ブレイクした場合は直前まで粘っていた彼らが負けたことを示しており、損切りをすることが期待できるため有効なのです。

ローソク足+インジケーターで勝率アップの手法とは?

当社では、初心者の方でもエントリーするポイントや利確するタイミングが視覚的に分かるツールを公開しております。

このツールは2019年4月まで勝率80%前後で常に利益が出ているサインツールなのですが、このサインツールに今回ご紹介したローソク足の見方をプラスする事で、より信頼性の高いエントリーポイントを見つける事ができます。

このサインツールはあるインジケーターを使ってエントリーするポイントや利確ポイントを視覚的に表示してくれるツールですので初心者の方におすすめのサインツールです。

もちろんこのサインツールは無料で公開しておりますので、以下QRからLINE追加を行っていただければすぐに実施できる内容になっています。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

クロスシステム専用LINE@

クロスシステム

まとめ

ローソク足まとめ

いかがでしたか?
今回は

  • ローソク足の見方を解説
  • ローソク足を使った値動きの予想
  • ローソク足+インジケーターで勝率UPの手法とは?
  • まとめ

について説明しました。

ローソク足の見方を覚えておくのは大切であり、理解すれば紹介したパターンを活かすことができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

↓↓コチラから受け取れます↓↓

はたけFXブログ記事用LINE@バナー
チャート分析の基本!ローソク足の見方を解説
最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG