FXの窓埋め手法なら勝率9割超!出現タイミングとポイントを解説

FX窓埋め手法は、高確率で利益が取れるエントリー方法です。

窓埋め手法とは、月曜の朝に発生しやすい「窓(ローソク足の乖離)」を利用した手法です。

開いた窓は高い確率で元に戻る習性があり、窓埋めを予想して逆張りすることで勝ちやすくなります。

窓埋めは週1回しか使えない手法ですが、高確率で利益を取る事ができるため、海外では窓埋めエントリーを禁止しているFX会社がある程です。

信頼性のある手法として多くのトレーダーが活用していますので、まだご存じないFX初心者の方はしっかりとご覧ください。

今回の記事では、窓埋め手法のエントリーポイントから利確&損切ポイント、注意したいポイントまで詳しく解説しています。

  • チャートに窓が開く(レートのズレが生じる)原理
  • 窓埋め手法の具体的なやり方
  • 窓埋め手法で注意すべき点

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

FXの「窓開け」「窓埋め」とは?

窓開け手法の概要について

FXの窓埋め手法について解説する前に、まず「窓開け」と「窓埋め」とは何か?ということを解説します。

窓開けというのは、下の画像のようにローソク足が乖離した状態のことを言います。

窓開け手法の説明画像A

窓開けは多くの場合、金曜日の終値と月曜日の始値の間で起こります。

土日は多くのFX会社が休みとなっているため、その間の値動きはチャート上に表示されません。

FX会社が営業を終了しているにも関わらず、月曜日の朝にレートが動いてるのは、中東など一部の海外為替市場が土日以外を定休日としているからです。

そして窓を開けた後は、下の画像のように開いた窓を埋めるようにローソク足が動く傾向にあります。

窓開け手法の説明画像B

これが今回の手法で利用する「窓埋め」という現象です。

FXの窓埋め手法が勝ちやすい理由

なぜFXの窓埋め手法が有効なのかというと、金曜日からポジションを持ち越していたトレーダーたちが、窓が開いたことにより一斉に利確や損切りをするからです。

例えば、画像の赤丸の部分で売りポジションを持った人は、窓が開いたことにより突然大きな利益を得ることになります。

窓埋め手法の解説画像C

彼らの利益確定は買いの決済なので、窓を埋める方向への力となるのです。

また、窓が開いたことにより含み損が発生したトレーダーは、損切りの反動で逆方向にポジションを持とうとします。

これらの要因で、窓が起こった後は窓埋めが起こりやすくなります。

窓埋め手法は昔から有名で、一部の海外FX会社では窓埋めトレードを禁止している場合があります。

その理由として、ゼロカット(含み損が大きくなって口座資金がマイナスになったとしても、追証がないシステム)と窓埋めを組み合わせると、極めて必勝法に近い手法になるからだと言われています。

国内FX会社の場合はゼロカットがないので必勝法とはなりませんが、それでも窓埋めはかなり割りの良いトレードと言えます。

FXの窓埋め手法における注意点

FXの窓埋め手法における注意点

FXの窓埋め手法における注意点は、窓が開いたからといって必ず窓埋めが起こるとは限らないことです。

先ほどは、窓開け直後に利確や損切りをするトレーダーによって窓埋めが起こりやすいと言いましたが、基本的に多くのトレーダーは土日にポジションを持ち越すのではなく、金曜日の夜に決済します。

特にファンドの人間はリスク管理に敏感なのでその傾向が強いです。

実際のところ、窓開け後も窓埋めせずに、そもまま窓開け方向に流れてしまうことも少なくありません。

窓埋め手法に限らず全てのFX手法で重要なことは、必ず損切り基準を決めおくことです。

窓が埋まらなかったとしても、許容範囲内の被害で済むように調整しましょう。

FX窓埋め手法の出現タイミングとポイントを解説

窓埋め手法の具体的な方法とは?

ここでは、FXの窓埋め手法について具体的に解説します。

この手法を簡単に説明すると、月曜朝に窓が開いていた場合、窓埋めを期待して反対方向にエントリーするというものです。

  • 窓の方向が上なら売り注文
  • 窓の方向が下なら買い注文

といった具合です。

しかし窓埋め手法は、窓開けを確認した直後にトレードすれば良いわけではありません。

より確実にエントリーする場合は、サポートラインレジスタンスラインを引きましょう。

水平線は価格を抑える特徴があり、多くのトレーダーが利用しているのでとても信頼できるテクニカル分析と言えます。

ラインの引き方は色々ありますが、最も有効なのは直近の高値・安値や多く反発しているところへ引くことです。

窓埋め手法のエントリーポイント

窓埋め手法のエントリータイミングですが、窓開けを確認後ローソク足がラインに達したタイミングです。

窓埋め手法の解説画像D

画像からは紫のラインによる過去の反発が確認できませんが、日足レベルになると見えるようになります。

このように、水平線+窓埋めの理論という二段構えなので長期的に良い成績を残せるでしょう。

ただし、狙うべきpipsや損切りの幅は少し考えるのが難しいと言えます。

何故なら、狙える値幅は窓開けした時の開き具合に依存しているので、開かなければわかりません。

従って、事前に計画を立てにくいのです。

利益確定は窓が埋まるまでがセオリーであり、損切り幅に関しては引いたラインの付近で構わないので、それを基準に考えるのがおすすめです。

近年は大きな窓開けがあまりないので、利益確定は20pips、損切りは10pips程度となるでしょう。

FXの窓埋め手法でどれくらい稼げる?

以前FXの窓埋め手法を検証したところ、次のような結果が出ました。

■取引環境

  • 2019年9月2日の市場開始直後に買いエントリー
  • 2019年8月30日の終値106.240で指値設定
  • 約10時間後に指値決済完了

2019年8月30日の終値:106.240
2019年9月02日の始値:106.015

結果22pipsの利益となりました。

FX窓埋め手法のチャンスは週1回

窓埋め手法はFX初心者でもやりやすい手法ですが、中々トレードチャンスが訪れない弱点があります。

というのも、窓開けは基本的に月曜日の朝にしか起こりません。このため、トレードできるのは週一となります。

週一のトレードでは流石に大きな利益を得るのが難しいので、この手法をサブにして別の手法をメイン使うか、数少ないトレードチャンスに資金を集中しなければなりません。

また、今回紹介した手法のように窓開けした付近でラインに達しなければ勝率に不安があるので、辛抱強く待つ必要があります。

ある意味、手法を使う技術よりもメンタルが試されると言えるでしょう。

窓埋め手法だけじゃない!FX手法を学びたいなら

はたけ投資カレッジの入校案内

はたけFXブログでは2019年8月より、FX初心者や未経験者向けにFXスクールを開校しました。

当校では、3つのSTEPでFXの基礎知識から、最終的には月100万円の利益を取るための手法を学んで頂きます。

当校は、楽しく気軽にどなたでもご参加頂けるよう、業界では破格の3900円で本格的なFXトレードが学べます。

当校の校長兼株式会社BUUNO代表の畠中伸正が実際に各地へ足を運び、セミナーや食事会などの直接触れ合えるイベントも定期的に開催しています。

はたけ投資カレッジに関する詳細は『はたけ投資カレッジ入校案内』をご確認下さい。

窓埋め手法まとめ

まとめ

ここまで

  • FX窓埋め手法の概要について
  • FX窓埋め手法の出現タイミングとポイントを解説
  • FX窓埋め手法の注意点

についてご説明してまいりましたがいかがだったでしょうか?

FXにおける窓埋め手法は、かなりの勝率で利益が望める手法の為、とても多くの方が手法として取り入れています。

週1回しか出現しない窓を狙う手法のため、メインの手法とはなりませんが、月曜日はこの窓を狙った手法からスタートする事で幸先のいいスタートが切れるでしょう。

 

はたけFX公式LINE@参加者限定!!

現在、僕の公式LINE@では、
"リアルタイムの相場"で
利益を出し続けている

勝率の高いEA情報

大公開しております。

  • 使おうとしているツールが現在の相場で稼げるかどうか不安…。
  • 本当に勝てるEAが欲しい…。
  • 本当に稼げるか確認した上でEA運用を始めたい…。

このようなことでお悩みの方の為に、
毎月きちんと利益を出しているツールのテスト結果もしっかりと公開しております!

以下のQRコード、もしくはボタンよりご登録ください。

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

窓埋め手法について
最新情報をチェックしよう!