FXにおけるポジションとは?自動売買運用における最適なポジションサイズを解説!

FXではポジションという単語を耳にすることが多くあります。

ポジションについてよく理解せずにトレードを実践してしまうと、大きく含み損が増えてロスカットになる危険性があります。

この記事では、そんなFXにおけるポジションの基礎知識を解説した上で、FXの裁量取引、また自動売買運用における「最適なポジションサイズ」をご紹介致します。

この記事を最後までご覧頂くことで、以下のような疑問を解説することができます。

  • FXのポジションって何のこと?
  • ロングポジション」「ショートポジション」の違いは?
  • ポジションの保有期間に決まりはある?
  • ポジション比率って何?
  • 裁量取引・自動売買運用における最低なポジションサイズが知りたい!

EA運用の初心者や未経験の方はもちろん、FXを裁量で取引する方にとっても大変役立つ内容となっております。

ぜひご覧ください。

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

FXにおけるポジションとは

FXにおけるポジションとは、新規で買い注文(または売り注文)を行った通貨を、決済する前の状態で保有していることを言います。

ポジションは「持ち高」「建て玉」とも呼ばれます。

FXでは、新規で注文を出した際「ポジションを持つ」や「ポジションを建てる」というような表現をします。

買った通貨を売ったり、先に売ったものを買い戻した際は「ポジションを手放した」と言います。

このポジションは、FXを行う上で絶対に知らなければならない言葉ですので、初心者の方は必ず覚えておきましょう。

ポジションには4種類ある

FXのポジションには、次の4種類があります。

  1. ロングポジション
    通貨を新しく買い、持ち続けている状態
  2. ショートポジション
    通貨を新しく売り、持ち続けている状態
  3. スクエア
    何もポジションを持っていない状態
  4. ネットポジション
    同一の通貨ペアにおける、売りポジションと買いポジションの差

例えば、新規で買い注文を行った時は「ロングポジションを持つ」、新規で売り注文を行った時は「ショートポジションを持つ」というような表現をします。

ネットポジションに関しては、FX初心者の方はよく分からないと思いますので以下より例をご紹介します。

【ネットポジションの例】
例えば同じUSD/JPYの買いポジションを2万通貨、売りポジションを1万通貨保有していたとします。
この場合、ネットポジションは買いの1万通貨です。
差し引いた残高がプラスの場合は買い持ち、マイナスの場合は売り持ちとなります。

ポジションに関する3つの特徴

ここでは、FXのポジションに関する3つの特徴を解説します。

自動売買をする方も必ず知っておくべき内容となるので、ぜひチェックしておきましょう。

①ポジションは通貨単位とセットで使われることが多い

FXでは、ポジションの大きさを表す表現として通貨単位とセットで使われることが多いです。

例えば、「1000通貨を1ポジション持った」などの表現がそれに当てはまります。

「ポジションを1枚持った」というだけでは、1000通貨を1枚なのか1万通貨を1枚なのかが判断出来ません。

ポジションの枚数だけでは大きさが分かりませんが、通貨単位とセットで使う事で、それが判断出来るようになります。

関連記事

資金管理ができない人はFXで失敗しますFX初心者の方は、資金管理についてあまり考えずにトレードしてしまう傾向があります。しかしFXにおける資金管理は、実はトレード手法に匹敵する程超重要な項目です。資金管理を理解する事によ[…]

②ポジションの保有期間に制限はない

FXでは、ポジションの保有期間に制限はありません。

例えば株の信用取引では最大6ヶ月、商品先物では最大1年の保有期間が決められていますが、FXでは好きな時にポジションを決済して現金化できます。

FXでは主に4つのトレードスタイルがありますが、どのスタイルをとるかによってポジションの保有期間は異なります。

一般的に、

  • 通貨を数週間~数年単位で保有し続けることを「長期保有」
  • それ以下の期間で保有し続けることを「短期保有」

と言います。

長期保有は短期売買では得られないような値幅を1回でとれる可能性がある反面、急激な相場変動に対応できなくなるリスクもあります。

そのため、初心者がFX取引を裁量で行う場合は、ポジション保有時間は短い方がおすすめです。

関連記事

初心者ですぐに結果を出したいならスキャルピングを覚えましょうFXのスキャルピングは、FX初心者にまず覚えて欲しい取引手法でもあり、短期間で爆益が取れる可能性を一番秘めた取引手法でもあります。スキャルピングは数分間で何度もトレードを行[…]

FX初心者はスキャルピングで相場を理解する事から始めよう

③ポジションはレバレッジとも関係する

FXのポジションは、レバレッジと密接な関係があります。

レバレッジとは、証拠金として預けた資金の何倍もの金額を取引できる仕組みです。

レバレッジが高ければ高いほど取引金額が大きくなる為、多くのポジションを持つことが可能となります。

例えば、USD/JPYのレートが100円の場合において1万通貨のポジションを持つします。

本来であれば100円×1万=100万円の証拠金が必要ですが、レバレッジが25倍であれば4万円の資金で100万円分の取引ができます。(100万円÷25倍=4万円)

関連記事

FXはレバレッジがあるからこそ、おもしろい。レバレッジとは「てこ(lever)の原理」の事を言います。金融業界のレバレッジとは、他人の資金を使って自己資金の収益率が高まる効果が期待できる事を指します。レバレッジを使えば大[…]

FXにおける最適なポジション量は?

FXのポジション量は、1ポジションあたりの「通貨量」と、どれくらいの間隔で注文するかという「注文間隔」によって決まります。

初心者の場合、ポジション量をどのくらい持つか迷ってしまう方も多いと思います。

ここでは、FXにおける最適なポジション量について解説致します。

初心者は1ポジション=1000通貨で始めるのがおすすめ

FX取引における最低通貨単位は、利用する証券会社によって異なります。

中には1000通貨から取引可能な会社もありますので、初心者はまず「1ポジション=1000通貨」で取引を始めることをおすすめします。

例えば1米ドル=100円の時に米ドル円の通貨ペアでロングポジションを取ったとします。

1000通貨であれば、1円逆行した場合でも1000円しか減りません。

為替レートは1日に何円も動くことは少ない為、ポジションサイズが原因で大きな損失を抱えることも無いでしょう。

FX初心者はまず1ポジション=1000通貨で取引を行い、慣れたら徐々にポジション量を増やしていきましょう。

その際、1ポジションを2000通貨にしたり、1000通貨のまま最大ポジション数を増やしたりなど、一気に変えるのではなく徐々に増していくようにしましょう。

関連記事

FXって少額で始めても稼げるの?FXをこれから始める初心者の方は、「最初は大きな資金を準備した方が良いのではないか?」と考える方も多いと思います。一般的な投資の場合、初期投資額が少額だと利益も少額になり、あまり面白味がないですよ[…]

市場全体のポジション比率をチェックしよう

FXで売買を行うときの判断基準として重要なのが、「市場全体のポジション比率」です。

ポジション比率とは、売りと買いそれぞれの注文数をグラフ化したものを言います。

FXは、市場でどのくらいの人がポジションを保有し続けているかによって、相場の動向が変わります。

つまりポジション比率を確認し、どちらに偏りがあるかによって今後の市場変動の予測に役立ちます。

【ポジション比率の活用例】
・比率が1:1で拮抗している場合は、短期取引を繰り返して利益を重ねる
・比率が7:3など偏りがある場合は、ポジション比率が大きい方に相場が伸びる可能性が高いため、順張りでエントリーする
ポジション比率は、外為どっとコム、DMM FX、みんなのFX、外為オンラインなどのFX会社から公開されています。
会社によって取引に偏りがある場合があるため、複数のFX会社のポジション比率を確認し、市場全体の傾向を把握することがおすすめです。

FX自動売買における最適なポジション量は?

FX自動売買で持つ最適なポジション

FX自動売買は24時間トレードを行うという性質上、裁量取引よりもトレード回数が多くなります。

その為、裁量取引よりも更にポジションサイズについて考える必要があります。

ここでは、FX自動売買におけるポジション量について解説します。

資金量の大きさによって取るべきポジション数は変わってくる

FXを裁量取引で行う場合も自動売買を利用する場合も、どちらも資金量によって適切なポジション数は変わってきます。

例えば資金が100万円より少なければ、ポジション数は5000通貨より少なくすることをおすすめします。

自動売買初心者や未経験者であれば、まず1000通貨から始めてみてもいいでしょう。

FX自動売買は多くの場合、常に含み損を抱えることを想定して作られているため、稼働中に手動でポジションを減らすことはマイナス決済(損切り)となってしまいます。

そのため、最初は少なめのポジションをとっておき、徐々に追加しましょう。

関連記事

FXは、損切り出来るか出来ないかで損失額が大きく変わります。この記事では、FX自動売買運用における「損切り」について解説致します。FXにおける損切りとは、含み損を抱えているポジションを決済して損失を確定させることを言います。[…]

FX自動売買における損切りについて解説!損切りを自動でしてくれるEAとは?

初心者におすすめな最大ポジション数の指定

FX自動売買において更なるリスクヘッジをするのであれば、最大ポジション数を1か2に設定しておくと良いでしょう。

自動売買は、決められた状況になったら自動でエントリーしてくれる仕組みとなっている為、既にポジションを持っている状態で更にエントリーしてしまうこともあります。

しかし、最大ポジション数が1なら1つのポジションしか持てないようになり、決済が終わるまでは次のトレードをしないようになります。

ただ、FXで儲けたいというのならば、流石に1000通貨で最大ポジション数が1というのは少な過ぎです。

最初のうちは上記の設定で問題ありませんが、自動売買運用に慣れたら、ある程度利益を出す為にもう少しリスクを取ってトレードすると良いでしょう。

おすすめのFX自動売買システムはこちら

ここまで記事をご覧頂いたことで、FX自動売買におけるポジション数の理解は深まったかと思います。

となると、次は実践です。

以下の記事では、月利の高いおすすめのFX自動売買ソフト一覧を公開しております。

「勝てる自動売買が知りたい」という方は、是非ご参照下さい。

関連記事

FX自動売買ツールって何? FX自動売買ツールで本当に稼げるのか? 稼げる自動売買ツールはどのように手に入れたらいいのか? 高月利、高勝率なおすすめの自動売買ツールが知りたい!この記事は、上記のお悩[…]

FXのポジションについてのまとめ

まとめ

この記事では、FXにおけるポジションの基礎知識、そして、自動売買運用における最適なポジションサイズについて解説致しました。


  • FXのポジションって何のこと?
  • 「ロングポジション」「ショートポジション」の違いは?
  • ポジションの保有期間に決まりはある?
  • ポジション比率って何?
  • 裁量取引・自動売買運用における最低なポジションサイズが知りたい!

ポジションについてよくわからずに取引を実践してしまうと、資金を溶かすリスクもあります。

必ず頭に入れておき、最適なポジションサイズで取引しましょう。

はたけFX公式LINE@参加者限定!!

現在、僕の公式LINE@では、
"リアルタイムの相場"で
利益を出し続けている

勝率の高いEA情報

大公開しております。

  • 使おうとしているツールが現在の相場で稼げるかどうか不安…。
  • 本当に勝てるEAが欲しい…。
  • 本当に稼げるか確認した上でEA運用を始めたい…。

このようなことでお悩みの方の為に、
毎月きちんと利益を出しているツールのテスト結果もしっかりと公開しております!

以下のQRコード、もしくはボタンよりご登録ください。

\おすすめの自動売買ツールをご紹介/

最新情報をチェックしよう!