FX自動売買運用前に知っておきたい10のリスク

近年、効率的に資産運用ができる「FX自動売買ツール(EA)」の人気が高まっています。

FX自動売買ツールは、FX初心者や未経験の方でも運用が可能で非常に便利なツールですが、もちろんリスクも多く存在します。

今回は、初めてFX自動売買ツールを運用する方向けに、自動売買ツールのリスクについて解説します。

FX自動売買ツールクロスシステムバナー

FX自動売買ツールを使う際に知っておきたい10のリスク

FX自動売買ツールを使う際に知っておきたい10のリスク

全て自動で取引を行ってくれる非常に便利なFX自動売買ツール(EA)ですが、運用するにあたってリスクもあります。

ここでは、EAを使った資産運用のリスクについてご紹介します。

現在EAを稼働中の方で思うように利益が上げられずに悩んでいる方や、これからFX自動売買での運用をご検討中の方には大変有益な内容となりますので、是非ご覧ください。

FX自動売買ツールで負ける事もある

FX自動売買ツールで負ける事もある

FXの世界では「勝率100%はありえない」というのが定説となっていますが、EAも同じことがいえます。

どれほど優れたEAであっても、100%利益が保証されたEAというのは存在しません。

EAは相場によって向き不向きがあるため、お使いのEAによっては負けてしまう危険性も充分にある事を理解しておく必要があります。

相場によっては裁量の方が稼げる場合がある

相場によっては裁量の方が稼げる場合がある

EAは全ての相場に対して有効というワケではありません。

たとえば、相場に明確なトレンドが出ている場合などは、裁量トレードの方が利益を取りやすい場合もあります。

このように、相場の状況により稼働させる自動売買ツールを選ぶなどの小まめな設定が必要になるツールもあるため、ある程度の知識が必要となります。

相場の状況判断に自信が無い方は、ストラテジー選択型EAを使うとよいでしょう。

ストラテジー自動選択型EAであれば、相場に適したストラテジーを自動で選択してくれるため、FX初心者の方でも気軽に運用が可能です。

初期設定を間違えて大損する可能性がある

初期設定を間違えて大損する可能性がる

MT4系の自動売買ツールの場合、パラメーターの設定が必要となります。

パラメーターとは、Lot数の調整やスプレッド上限など、取引に関する初期設定画面の事をいい、ほとんどのEAでは推奨パラメーターを公開しています。

しかし、FXでは相場環境が常に変動しており、最高のパフォーマンスを維持する為にはパラメーターの調整も必要不可欠となるため、ある程度EAに関する基礎知識が必要となります。

経済指標発表時の混乱相場は苦手

経済指標発表時の混乱相場は苦手

EAでは、予め設定されたテクニカル指標を元に相場を分析して自動でトレードしますが、経済指標発表時の乱高下する相場ではテクニカル指標が通用しないため、EAが誤作動を起こしてしまう危険性があります。

そのため、大きな混乱が予想される経済指標発表時はEAを停止しておかなければ、思わぬ損失を被ってしまう事となります。

EAによっては、混乱が予想される指標発表などを事前に知らせてくれるサポートサービスが付加されているものもありますので、ファンダメンタルズに自信が無い方はそのようなサービスを利用しましょう。

EAの種類によっては取引コストが高い

EAの種類によっては取引コストが高い

EAのタイプによっては取引コストが割高な場合があります。

特にリピート系注文のEAに多いのですが、一般的なEAに比べスプレッドが10倍に設定されてあるものもあります。

その為、取引回数を重ねれば重ねるほど最終的な利益に大きく差が出ます。

EA導入の際は、スプレッドにも注意しておきましょう。

中長期的な運用ならまとまった資金が必要

中長期的な運用ならまとまった資金が必要

EAは中長期的にトレードを行うため、ある程度の値動きに耐えられるよう(ロスカットにならない為)初期証拠金には余裕を持たせる必要があります。

中には4000円から始められるEAなどもありますが、長期的な安定運用を目指すのであれば、最低でも10万円程は用意しておく事をおすすめしています。

FXのスキルが身につかない

スキルが身につかない

EAを長く運用していると、ある日を境に全く稼げなくなってしまう事があります。

原因は、為替相場の流動性の変化が起きたため、従来のEA設定では対応ができない時にこのような事が起きます。

通常は、相場に合わせEAを調整する必要があるのですが、FXやEAに関するスキルがない方は取り残されてしまうでしょう。

このような事態にならないためにも、EAに頼りっきりではなく、トレーダーとしてのスキルアップも必要です。

資産管理が苦手な人はロスカットの危険

資産管理が苦手な人はロスカットの危険

EAの最大のリスクは「ロスカット」です。

急激な相場の動きなどの”値が飛んだ”タイミングで大きな含み損を抱えてしまい、資金がショートしてロスカットが起きます。

ほとんどのEAには推奨証拠金や推奨ロット数というものが設定されていますので、必ず推奨通りの設定にしておきましょう。

少しでも多く稼ぎたいという一心でロット数を上げてしまう方もおられますが、資金管理が重要なFXの世界において、非常に危険な行為といえます。

EAを運用するにあたってVPS契約が必要

EAを運用するにあたってVPS契約が必要

MT4系のEAなど、パソコンに直接インストールするタイプのEAをご利用するの場合は「VPS(仮想専用サーバー)」を準備する必要があります。

VPSとは、ネット上に仮想のパソコンを設置する事で、パソコン本体の電源を落としても通常通り稼働してくれるサービスです。

VPSを利用する際は月額費用が発生するため、EA導入前に契約しておく必要があります。

低スペックのFX自動売買ツールに注意が必要

低スペックのFX自動売買ツールに注意が必要

EAの中には、高額にも関わらず非常に低スペックなEAも市場に数多く流通しています。

EAは効率的に資金を運用できる事から、昨今非常に注目されはじめていますが、その人気に便乗して販売のみを目的とした悪質な自動売買業者も増えてきました。

このようなEAの多くは、個人ブログやSNSで宣伝している場合が多く注意が必要です。

リスクの低いFX自動売買ツールを紹介

リスクの低いFX自動売買ツールを紹介

ここまでFX自動売買ツールのリスクについてご紹介してきましたが、当ブログの『【2019年最新版】FX自動売買ツールおすすめランキングTOP5』で紹介しているEAなら低リスクで運用が可能です。

口コミや評判がよく、安定して利益をだしているEAを厳選して5つご紹介していますので、是非ご参考下さい。

FX自動売買リスクまとめ

FX自動売買運用のリスクまとめ

ここまでFX自動売買ツールのリスクについてご紹介しました。

FX自動売買ツールは、自動で寝ている間も利益を積み重ねてくれる大変便利なツールですが、運用にあたってリスクも多く存在します。

FX初心者や未経験者でも運用する事ができるEAですが、基礎知識が全くない場合、思わぬ落とし穴にはまってしまう危険性もありますので、ある程度の基礎知識は身に着けておきましょう。

 

はたけ公式LINE@参加者限定!!
資産7,000万形成プロジェクト』のご案内
クロスシステム
はたけFXブログでは10年間で資産7,000万円を構築するプロジェクトを発足しました。
当プロジェクトでは、FX初心者でも運用可能な”長期運用型EAでは最強レベルの完成度”といわれるEAを使い、10年後の資産構築を本気で目指します
プロジェクトの参加は以下、はたけ公式LINE@にて詳細情報を配信中!!
プロジェクトの参加費はもちろん無料まずは気軽にチェックしてみて下さい!
↓↓↓↓以下はたけ公式LINE@↓↓↓↓
クロスシステムオプトQR
FX自動売買運用前に知っておきたい10のリスク
最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG