FXでハイレバレッジ手法は本当に危険なのか?

海外のFX口座では、レバレッジの設定が500~2000倍と、日本に比べてかなり大きくレバレッジをかける事ができます。

少ない元手で大きな資金を動かすレバレッジですが、レバレッジが大きい分、それに伴うリスクも存在します。

今回は

  • ハイレバレッジの危険性
  • ハイレバレッジが有効な取引手法
  • まとめ

について説明していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

ハイレバレッジの危険性

ハイレバレッジの危険性

ここでは

  • レバレッジとは
  • ハイレバレッジでの取引で失敗する人

について説明していきます。

レバレッジとは

レバレッジとは、より多くの額の取引ができるようにする仕組みです。これにより、FXは少額からでも儲かるようになります。

小さな力で大きな物を動かす「テコの原理」と表現されることも多いです。

国内FX業者では2019年現在25倍です。最初は100倍以上のレバレッジをかけることができましたが、年々下がり、2018年には最大で10倍にするべきだという意見が飛び交いましたが、多数のトレーダーの反対にあったため、25倍の水準にとどまっています。

このように、基本的にレバレッジはトレーダーから必要とされているのです。にも関わらず、規制されているのはハイレバレッジのトレードに危険性があるためです。

ハイレバレッジでの取引で失敗する人

レバレッジをかけるほど多くの額を購入することができるのですが、その分負けた時のダメージも大きくなります。

この結果、トレードに大失敗し、破産してしまう人が出てくるのです。だからこそ、レバレッジは規制されつつあり、現在に至ります。

特に、FXの取引方法などを何も知らないのに取引を始めてしまう人がこのような失敗を犯します。

FXを始めたにも関わらず取引方法すらロクに知らない方は、多くの場合稼げるという情報に乗せられてFXを始めています。つまり、根拠もないのに自分は絶対に勝てると考えている方です。代表的なのが一時期流行った豪ドル円のスワップトレードです。

豪ドル円のレートがどんどん上がり、スワップ金利も増えているので、思考停止で買っていれば儲かるという時代がありました。

この時、FXの取引方法も知らないような方が多数おり、買えば儲かることだけを知っていたのでハイレバレッジにより買えるだけ買いました。

当時のレバレッジが100倍以上ですので、かなりのハイレバ取引をしていたはずですが、本来年単位で持つスワップ金利狙いの場合は、高くても10倍程度のレバレッジをかけるのが普通です。

しかし、後にリーマンショックにより大幅下落して大損してしまったのです。この時、ハイレバレッジではなく低レバレッジに抑えた余裕のあるトレードをしていればそこまで大きな損失にはならなかったはずです。

このように、レバレッジについてあまり勉強していない方は大損の恐れがあるので、注意して下さい。

ハイレバレッジが有効な取引手法

ハイレバレッジが有効な取引手法

ここまでで、レバレッジはより多くの通貨を購入するためのものであり、負けた時に危険であることを紹介しました。

しかし、負けた時の危険を減らしつつハイレバレッジのメリットである稼ぎやすさを活かせる取引手法があります。

それは、短期取引です。

短期取引なら損切りする時の幅も小さい傾向にあるため、ハイレバレッジの取引をしても構いません。

たったこれだけのシンプルな話ですが、非常に有効です。これは、海外FXでよくある稼ぎ方です。海外FXは100倍以上のレバレッジは当たり前で、500倍以上になる業者もあります。

もちろん、何百倍ものレバレッジをかけるのはいかにリスクの低い短期取引と言えども危ないので、実際にここまでかけることはほぼありませんが、これを利用してレバレッジをかけた短期取引し、短期間でお金を稼ごうとするのです。

対照的に、長期取引ではハイレバレッジの取引をしてはいけません。ハイレバレッジにするほどの枚数を賭けてしまうと、先に挙げた豪ドル円の例のように破産してしまう人が出てきます。

長期取引では一般的に損切り位置が遠いので、そこに達してしまった場合1度にかなりのダメージを負います。しかも、レバレッジをかけているわけですから、取引枚数次第では非常に手痛い出費となるでしょう。

海外FX口座でも使える自動売買ツールプレゼント

少しご案内です。

当サイトでは『はたけ投資カレッジ』を運営しており、「テクニカル分析・資金管理・メンタル管理」の3つを重点的に、実践を交えたレクチャーを行っております。

はたけ投資カレッジでは「稼ぎながら学ぶ」をテーマとしていますので、稼ぐ為のツールもご用意しています。

このツールは、以前巷で話題になった「アンビション」の第2弾(名称未定)で、あのアンビションの利益率を更に上回る機能を搭載した自動売買ツールとなります。

なんと今、この自動売買ツールを入校者全員にプレゼントしています。

実際に入校頂いた生徒さんにもご利用いただいておりますが、正しい裁量を学びながら自動売買ツールを運営してもらい、最高額20万円を出した生徒さんもおられます。

もちろんこのツールは期間限定の為、いづれ無料配布を中止し、有料版として一般販売していく予定です。

絶対にお得なので、ご興味のある方は是非下のQRから友達追加をお願いします。

自動売買ツールのプレゼントについて
当カレッジでは、『自分の力で稼げるようになる』という目標の為、それが続かいない人の為にモチベーションを上げる事を目的としたプレゼントキャンペーンとなります。
この自動売買システムは有料級のもので、今後、商品として一般公開を予定しているものになります。
この特典目的や、自動売買のみをやりたいという方の入校はお断りしております。
1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

クロスシステム専用LINE@

クロスシステム

 

まとめ

画像:「matome」.jpeg

いかがでしたか?
今回は

  • ハイレバレッジの危険性
  • ハイレバレッジが有効な取引手法
  • まとめ

について説明しました。

ハイレバレッジと相性が良いのは短期取引なので、長期取引をする方はレバレッジを抑えると良いでしょう。

もちろん、短期取引の方でもレバレッジを抑える分には問題ないので、資金と相談して適切な取引数量を決定して下さい。

↓↓コチラから受け取れます↓↓

はたけFXブログ記事用LINE@バナー
海外FXを使ったハイレバスキャルは本当に危険?
最新情報をチェックしよう!
>FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

FX自動売買(EA)界最強クラス『クロスシステム』のご案内

アンビション制作チームが開発した、長期運用EAツール界最強クラスの『クロスシステム』が2019年8月より一般公開されました。バックテストでは脅威の勝率91%、10年後には資産74倍と驚きのデータを出した、まさき最強クラスの自動売買ツールです。証券会社の兼ね合い上、300名限定販売とさせていただきます。

CTR IMG